今井宗久(読み)いまい そうきゅう

デジタル大辞泉の解説

いまい‐そうきゅう〔いまゐソウキウ〕【今井宗久】

[1520~1593]安土桃山時代の堺の豪商・茶人。大和今井の人。名は兼員。号、昨夢斎。武野紹鴎(たけのじょうおう)に茶を学ぶ。織田信長に近づいて堺対策に協力し、多くの利権を握る。のち、豊臣秀吉茶頭となり、千利休津田宗及とともに三大宗匠と称された。「今井宗久茶湯日記抜書」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

今井宗久【いまいそうきゅう】

安土桃山時代の堺の豪商,茶人。初め大和今井に住んだが,堺に出て茶を武野紹鴎(たけのじょうおう)に学び,のちその女婿となる。織田信長,豊臣秀吉に仕え,千利休津田宗及とともに天下三宗匠の一人となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井宗久 いまい-そうきゅう

1520-1593 戦国-織豊時代の商人,茶人。
永正(えいしょう)17年生まれ。武野紹鴎(じょうおう)の娘婿。堺(さかい)で納屋業(倉庫業)のほか鉄砲,火薬などをあきない巨富をえる。織田信長に紹鴎伝来の名物茶器を献上し,堺五ケ荘(ごかのしょう)の代官,茶頭(さどう)となる。のち豊臣秀吉にも茶頭としてつかえた。茶会記「今井宗久茶湯書抜」がある。文禄(ぶんろく)2年8月5日死去。74歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。大和(奈良県)出身とも。名は兼員。通称は彦右衛門。号は昨夢斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

今井宗久

没年:文禄2.8.5(1593.8.31)
生年:永正17(1520)
戦国・安土桃山時代の堺の豪商,茶湯者。対外的な貿易港であり,独立的な都市であった堺の代表者であり,武野紹鴎の女婿として,織田信長・豊臣秀吉政権下で茶の湯の興隆に貢献した。近江(一説に大和)に生まれ,青年期に堺に出る。名は兼員,通称彦右衛門,昨夢斎寿林と号した。納屋を称するのは堺の倉庫,金融などの局面で実力者であることを示す。早く信長に接近し,紹鴎伝来の松島の茶壺,紹鴎茄子などの茶器の献上は,信長の茶の湯政道を促進させた。堺五ケ庄の代官職,淀川今井船の関銭免除,生野銀山の経営,鉄砲鍛冶の差配など多くの権益を与えられ,信長の茶頭を務めている。天文23年から天正17年(1554~89)の81回の茶会記録『今井宗久茶湯日記抜書』(『茶道古典全集』10巻)は孤本で,抄出であるところが惜しまれるが,貴重な資料である。堺市博物館の前に茶亭黄梅庵が移築されている。墓塔は堺南半町の臨江寺にある。<参考文献>『堺市史』,戸田勝久『武野紹鴎研究』

(戸田勝久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いまいそうきゅう【今井宗久】

1520‐93(永正17‐文禄2)
安土桃山時代の堺の豪商,茶人。信長・秀吉時代の天下三宗匠の中の一人。近江国地侍の子として生まれ,彦右衛門兼員と称していたが,本願寺門徒として堺に入り,納屋宗次の家に寄宿し,武野紹鷗(たけのじようおう)の女婿となる。このころから納屋宗久と称して茶会の往来をはじめたらしく,伝存する茶会記《今井宗久茶湯書抜》は1554年(天文23)から89年(天正17)に至る,83回の茶会記が収められている。それと同時に近江から東海地方にまで商圏をのばし,納屋業(倉庫兼金融業)のほか薬種,火薬,鉄砲などの商売も行って巨富を得た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いまいそうきゅう【今井宗久】

1520~1593) 安土桃山時代の茶人。本名は久秀。号は昨夢斎。堺の政商で、納屋衆の一人。茶を武野紹鷗に学び、信長・秀吉に仕え、家康にも接近した。千利休・津田宗及とともに三宗匠といわれる。納屋宗久。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今井宗久
いまいそうきゅう

[生]永正17(1520).大和,今井
[没]文禄2(1593).8.5. 堺
室町時代末期,安土桃山時代の茶人,堺の豪商。名は彦右衛門。号は昨夢斎,晩年仏門に入って宗久 (宗休) と称する。生涯の大半を堺で過した。武野紹鴎に茶を学び,その後継者となる。足利義昭に茶を指導し,織田信長にも仕える。豊臣秀吉の時代には千利休,津田宗及とともに 3000石の知行を受け,三大宗匠と称された。茶会記として『今井宗久茶湯書抜』2巻がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今井宗久
いまいそうきゅう
(1520―1593)

安土(あづち)桃山時代の豪商、茶人。名は彦右衛門兼員(ひこえもんかねかず)、宗久は法号、昨夢斎と称した。堺(さかい)の納屋衆(なやしゅう)の随一で、家号も納屋を称する。武野紹鴎(たけのじょうおう)の女婿となり、紹鴎名物の多くを伝領した。1568年(永禄11)9月、上洛(じょうらく)した織田信長が堺の町に矢銭(やせん)2万貫を課したのに対し、町衆による抗戦の働きが高まった際、津田宗及(そうきゅう)とともに講和派の中心として行動した。その間積極的に信長に接近し、紹鴎伝来の名物茶器を献上、翌年7月には岐阜に下り、歓待されている。これ以後、武器、火薬の調達、生野(いくの)銀山の開発など、政商として活躍する一方、宗及や千利休(せんのりきゅう)らとともに信長の茶頭(さどう)となる。利休を推薦したのは宗久であった。ただし茶頭としては、信長の上洛時とか、安土築城後はときおりそこに参上する程度で、常時近侍奉仕したわけではない。本能寺の変後はそのまま豊臣(とよとみ)秀吉の茶頭となった。しかし、本願寺と密接な関係をもっていたことや、「茶の湯に思い入れがない」とされたため、しだいに秀吉にうとんぜられ、1587年(天正15)の北野大茶会あたりから、その活躍はほとんどみられなくなる。茶会記の一部が『今井宗久茶湯日記書抜(かきぬき)』として伝えられている。[村井康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いまい‐そうきゅう【今井宗久】

安土桃山時代の茶人。堺の人。名は久秀。通称彦八郎、彦右衛門。宗久と号す。武野紹鴎に茶を学び、その女婿となる。一五代将軍足利義昭、織田信長、豊臣秀吉に仕え、千利休、津田宗及とともに三宗匠と称された。永正一七~文祿二年(一五二〇‐九三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android