コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今治藩 いまばりはん

3件 の用語解説(今治藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今治藩
いまばりはん

江戸時代,伊予国 (愛媛県) 越智郡今治地方を領有した藩。慶長5 (1600) 年宇和島より伊予国府 22万石に転じた藤堂高虎が今治に今治城を築いたが,同 13年幕領となる。寛永 12 (35) 年松山藩より分知を受けた家門松平定房が3万石で入封して以来譜代松平 (久松) 氏が在封して廃藩置県に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

いまばりはん【今治藩】

江戸時代伊予(いよ)国越智(おち)郡今治(現、愛媛県今治市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち親藩(しんぱん)。藩校は克明館。1600年(慶長(けいちょう)5)、関ヶ原の戦いに戦功のあった藤堂高虎(とうどうたかとら)が20万石に加増され、この地に移って立藩。今治城を築城し、城下町を建設した高虎は、08年に伊勢(いせ)国津藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となり、その後は養子の高吉(たかよし)が28年間在封。35年(寛永(かんえい)12)に、譜代の松平(久松)定房(さだふさ)が伊勢国長島藩から3万石で入封した。松平氏は、塩田開発や木綿生産を奨励するなど産業振興に努め、明治維新まで10代にわたって治めた。10代藩主の定法(さだのり)は洋式兵制を採用し、海岸に砲台を築いて大砲の演習も行った。長州征伐では出兵したものの戦闘には参加せず、征長の中止を将軍に進言するなど仲介役を果たしたほか、戊辰(ぼしん)戦争でも功績をあげた。1871年(明治4)の廃藩置県で今治県となり、その後、松山県、石鉄(いしづち)県を経て、73年愛媛県に編入された。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今治藩
いまばりはん

伊予国(愛媛県)のほぼ中央部、今治を中心に越智(おち)郡とその島嶼(とうしょ)部の大部分を領有した藩。1587年(天正15)福島正則(まさのり)が温泉(おんせん)郡湯築(ゆづき)城主11万石に封ぜられ、やがて越智郡国分(こくぶ)(国府)城に移った。8年ののち池田秀雄、ついで小川祐忠(すけただ)が継承したが、関ヶ原の戦いに西軍に参加して改易された。1600年(慶長5)藤堂高虎(とうどうたかとら)(伊予板島(いたじま)7万石)が関ヶ原の戦功により20万石に加増されるや、国分城に入った。高虎はこの地を近世都市に不適とし、近接する今張(いまはり)浦が交通の要衝であることを見抜いた。1602年海水を利用した斬新(ざんしん)な築城工事に着手し、やがて今治の城下町が成立した。1608年、高虎は伊勢(いせ)の津に転封、養子高吉(たかよし)が今治城2万石を領有すること28年に及んだ。1635年(寛永12)伊勢長島城主松平(久松(ひさまつ))定房(さだふさ)が今治3万石に封ぜられた。その領域は越智郡の地方(じかた)2万2600余石、島方3800余石、合計68か村。3代定陳(さだのぶ)のとき石高3万5000石となり、彼は江島為信(ためのぶ)を重用して、法制・軍制を整備し、塩田を開発。1698年(元禄11)関東の領地5000石の替地として宇摩(うま)郡18村が与えられた。4代定基(さだもと)、5代定郷(さださと)は総社(そうじゃ)川の大改修、6代定休(さだやす)、7代定剛(さだよし)は貯水池の築造を断行し生産を増大させた。ついで藩校克明館を創立。また木綿織が発達し、重要な国産となった。10代定法(さだのり)は洋式兵制を採用、海岸に砲台を構築。のち朝廷に接近、戊辰(ぼしん)戦争に功績をあげた。廃藩置県により今治県となり、やがて松山県、さらに愛媛県に統合された。[景浦 勉]
『戸塚政興著『今治夜話』(1981・伊予史談会) ▽『物語藩史 10』(1976・新人物往来社) ▽『今治市誌』(1943・今治市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の今治藩の言及

【今治[市]】より

…幕末までに新町,北新町,船頭町,住吉町などが形成された。今治藩は島嶼部で塩田を開発して塩専売制を実施し,享保年間(1716‐36)には商人柳瀬義達が白木綿を製造し,幕末には30万反にも達した。【三好 昌文】。…

※「今治藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今治藩の関連情報