コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付属学校 フゾクガッコウ

5件 の用語解説(付属学校の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふぞく‐がっこう〔‐ガクカウ〕【付属学校】

大学・学部に付設される小・中・高等学校など。一貫教育を目的とするほか、教育研究の実験や教員養成のための実習などに活用される。付属。付属校。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

付属学校【ふぞくがっこう】

一般の学校と同様の教育活動のほかに,教育研究のための実験や教員養成のための実習を行う目的をもって,師範学校や大学の教育学部等に付属して設置された学校。日本では1873年東京師範学校(のち東京教育大学)に初めて設置,大正期には各地の師範学校付属学校新教育運動が起こった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふぞくがっこう【付属学校】

通常,教員養成を主とする教育大学教育学部(第2次大戦前の師範学校)に付設され,教育の実験的研究を行うとともに学生の教育実習の場を提供する学校。J.F.ヘルバルトの実習学校やデューイの実験室学校に通ずる。国立の教育大学教育学部では,幼稚園小学校中学校養護学校を付設するのが常例だが,高等学校を付設する場合もある。私立大学等の場合は,一貫教育の学園経営の見地から付設している。1873年文部省は師範学校に授業法練習のために小学校を付置し,これが日本の付属小学校の嚆矢(こうし)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふぞくがっこう【付属学校】

国立大学・学部が教育実習・研究のため設置した学校。
大学と同じ法人が経営する私立の幼稚園、小・中・高等学校。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

付属学校
ふぞくがっこう

一般に、国公立や私立の大学、高等教育機関に付属する学校をいうが、もともとは、国立の教育大学・学部等に付属する形で設立されている学校のことである。このような付属学校は、19世紀中葉に欧米諸国で師範学校が設立されたとき、その実習学校として付設され、教育実習などにあてられた。
 日本では、1873年(明治6)小学校が師範学校に付設されたのが最初で、師範学校と一体となって運営されてきた。第二次世界大戦後、師範学校は国立の教育大学・学部に改編され、今日そのほとんどすべてに幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校が、さらに若干の大学・学部に高等学校が付設されている。
 付属学校の目的ないし役割については、その付属する国立大学・学部における児童・生徒・幼児の教育に関する研究に協力し、大学・学部の計画に従い学生の教育実習の実施に当たるとされてきた。つまり、(1)大学・学部の実際的、臨床的な研究への協力、(2)教育実習の実施である。さらに、(3)付属学校は一般の公立学校に比して施設・設備や教員組織が充実していることもあって、地域の教育研究活動に対する先進的な実践の提示を行ってきた。
 しかし、今日、大学・学部と付属学校との距離的な隔たり、教員養成について関係者の考え方の相違、一般公立学校のレベルアップなどがあって、前述の役割の遂行については問題がある。また、付属学校は本来特別な目的・役割をもつため、なんらかの方法で選抜入学を行っている。このことが、特定の児童・生徒の入学する特権的な学校というイメージをつくり、激しい受験競争のなかで進学準備学校化しているとの批判を招いている。これも付属学校の抱えている一つの問題である。さらに、国立大学法人化のなかで、付属学校もその組織・運営等新たな問題に当面している。いずれにしても、大学・学部と付属学校の緊密な協力体制を築いていくことが重要である。
 こうした教育大学・学部の付属学校とは違ったものとして、私立大学の付属学校があり、私立学校の個性、校風の形成に大きな役割を果たしてきた。ただ、近年における中高一貫教育の普及と少子化に伴う児童生徒減少のなかで、私立大学が付属学校を増設する傾向がみられる。教育大学・学部の付属学校も、また私立大学の付属学校もそれぞれ本来の趣旨に立ち返り、そのあり方を考える必要がある。[津布楽喜代治]
『藤枝静正著『国立大学附属学校の研究:制度史的考察による「再生」への展望』(1996・風間書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付属学校の関連キーワード教員養成愛知教育大学上越教育大学兵庫教育大学福岡教育大学北海道教育大学宮城教育大学教育学部教育大学開放制教員養成制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

付属学校の関連情報