コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付知[町] つけち

百科事典マイペディアの解説

付知[町]【つけち】

岐阜県東部,恵那(えな)郡の旧町。木曾川の支流付知川上流域にあり,町域の大部分が山地で占められ,大ヒノキ林があり,製材・木工業が盛ん。垂洞(たれぼら)のシダレモミは天然記念物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つけち【付知[町]】

岐阜県東部,恵那郡の町。人口6861(1995)。木曾川の支流付知川流域の町で,町域の大部分は奥三界岳(1810m)をはじめとする山地が占める。付知川の流れは坂下町から続く阿寺断層に沿っており,谷に並行して走る国道257号線沿いに集落がある。付知川流域は古くから良質の東濃ヒノキの産地として知られ,製材・木工業が立地する。付知峡は裏木曾県立自然公園に属し,自然休養林がある。垂洞(たれぼら)のシダレモミは天然記念物に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

付知[町]の関連情報