コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

令嬢ジュリー れいじょうジュリーFröken Julie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

令嬢ジュリー
れいじょうジュリー
Fröken Julie

スウェーデンの劇作家 A.ストリンドベリの悲劇。1幕。 1889年コペンハーゲンで初演。母の手で男まさりの誇り高い女に育てられたシュリイの愛の苦悩が,階級的問題を背景に自然主義的手法で描かれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

令嬢ジュリー

スウェーデンの舞踊家・振付家ビルギット・クルベリーによるバレエ(1950)。原題《Fröken Julie》。初演はスウェーデン王立バレエ団。音楽はトゥーレ・ラングストローム。劇作家・小説家ヨハン・ストリンドベリの同名の戯曲に基づく。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいじょうジュリー【令嬢ジュリー Fröken Julie】

ストリンドベリの戯曲。1幕。1888年作。白夜の夏至祭,伯爵邸の台所を舞台に,男性化した気質のこの家の気位高い令嬢ジュリーは,表面従順を装ってはいるが,計算高く逞しく生き抜こうとする下男ジャンに屈し,身をゆだねる。男性対女性,亡びゆく上層階級と上り坂の下層階級との葛藤の末,ジュリーが自らを滅ぼしていく心理過程を描く。スウェーデンでの上演は1904年,長文の序文は演劇史上の文献としても重要である。ストリンドベリの戯曲の中で日本人に最もなじみ深く,上演回数も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

令嬢ジュリー
れいじょうじゅりー
Frken Julie

スウェーデンの作家ストリンドベリの一幕戯曲。1888年作、89年パリで初演。気位高い伯爵令嬢ジュリーは、男性的気質の持ち主。下男ジャンは表面従順だが、内心は計算高くたくましく生き抜こうとする男。男性と女性、上層階級と下層階級の対立、葛藤(かっとう)後、ジュリーは自らを滅ぼしてゆく。実話にモチーフを得た作で、作者自身「自然主義悲劇」と副題をつけている。白夜の夏至祭のできごとにパントマイムとバレエの場面を配し甘美な情緒も漂う。官憲の目をはばかる出版社との間で、戯曲の内容について応酬があり、現在の形に書き直された。スウェーデンでの上演は1904年。長文の序文は、作品成立の由来、作者の意図、演劇観のほか、音楽、照明などの具体的指示も含まれていて興味深く、近代演劇史の文献として重要な意味をもつ。ストリンドベリの数多い戯曲のなかで、日本の読者にとってもっともなじみの深い作品である。[田中三千夫]
『千田是也訳『令嬢ジュリー』(『ストリンドベリ名作集』所収・1975・白水社) ▽杉山誠訳『令嬢ジュリー』(『世界文学全集20』所収・1952・河出書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

令嬢ジュリーの関連情報