コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業担保権 キギョウタンポケン

デジタル大辞泉の解説

きぎょう‐たんぽけん〔キゲフ‐〕【企業担保権】

株式会社が発行する社債について、その会社の総財産を一体として担保の目的とする物権。昭和33年(1958)施行企業担保法によって創設

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きぎょうたんぽけん【企業担保権】

株式会社の発行する社債を担保するために,その会社の総財産を目的として設定される担保物権(企業担保法1条,1958公布)。民法原則によれば,各種の物や権利を担保として融資を受ける場合には,その担保の目的となるものを,個々別々に特定することが必要とされている(担保物権における特定の原則)。民法の特則として認められている財団抵当制度においても,財団を組成する物件を個別に特定することを要求しており,この原則が貫かれているといってよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

企業担保権の関連キーワード担保付社債企業権

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android