コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢神楽 イセカグラ

3件 の用語解説(伊勢神楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いせ‐かぐら【×勢神楽】

神楽の一。伊勢外宮(げくう)各社で行われた神楽が広まったもので、中部地方東北地方などに分布。湯をふりかけて清める湯立てを行うのが特徴。霜月神楽伊勢流神楽

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いせかぐら【伊勢神楽】

民間に伝承される神楽の分類名称。伊勢外宮げくうの御師おしの家で行われた巫女みこによる神楽が源流とされ、清めの方法として湯立ゆだてを行う点に特色がある。伊勢流神楽。湯立神楽。旧暦11月(霜月)に行う例が多く、霜月神楽ともいう。東北地方・中部地方に多く分布する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢神楽
いせかぐら

神楽の一系統。伊勢神宮で古くから行われていた神楽。明治維新のおりに絶えたが、この系統の神楽は各地に広く分布し、いまも盛んに行われている。伊勢神宮に神楽が古くからあったことは981年(天元4)伝写の『琴歌譜(きんかふ)』の「伊勢神歌」、鎌倉時代初期の『建久内宮(けんきゅうないくう)年中行事』の神楽の記事などでわかる。また天文(てんぶん)11年(1542)の奥書をもつ神楽歌本を最古として、多くの神楽歌諸本が伝わり、これらの歌のうたわれた神楽はもと外宮(げくう)の神楽役人が執り行っていた。神楽役人は摂社、末社の各社に属し、社(やしろ)神楽と称する神楽を行った。この各社それぞれの歌が、神楽歌本のように一連の歌に整えられたのは、霜月(しもつき)(陰暦11月)13日に楽人たちが一口頭太夫(いっくとうたゆう)の家に集まって、年に一度の寄合(よりあい)神楽と称する祈願の神楽を催すようになってからのことだといわれる。世の中が太平になり、神楽奉納、あるいは臨時祭の申し込みが多くなってからは、御師(おし)の家の神殿でも神楽が行われるようになった。神楽に大小の区別ができたのは、大永(たいえい)年間(1521~1528)前後といわれ、のちには太々(だいだい)神楽も生まれたが、この区別は主として奉賽(ほうさい)の多少によった。太々神楽の次第は二十数段よりなり、神事舞の主要な段には湯立(ゆだて)(大釜(おおがま)の熱湯を巫女(みこ)や神職が笹(ささ)の葉で振りかける祓(はらい)の行事)が伴った。伊勢で奉納神楽が盛んになったのは、正保(しょうほう)(1644~1648)ごろからといわれる。伊勢流の神楽は湯立神楽あるいは霜月神楽ともいわれるように、湯立が中心をなしている点に特色がある。秋田県横手市保呂羽山(ほろわさん)を中心とした一帯のほか、愛知、長野県下には花祭、冬祭、遠山(とおやま)祭の名称で数多く分布しており、さらに関東の鎌倉付近から伊豆三宅島(みやけじま)にも及ぶなど、出雲(いずも)流神楽とともに神楽の一大系統をなしている。[高山 茂]
『本田安次著『霜月神楽の研究』(1954・明善堂) ▽本田安次著『神楽』(1966・木耳社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢神楽の関連キーワード龍貞玄外宮外宮神道太太神楽内宮内外宮二所大神宮夜神楽伊勢の二柱高田武泰

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊勢神楽の関連情報