コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊吉博徳 いきのはかとこ

5件 の用語解説(伊吉博徳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊吉博徳
いきのはかとこ

奈良時代の官人。斉明5 (659) 年7月,遣唐使に従い難波三津浦を出航して渡唐。当時,唐が百済と対立していたため,長安に禁足され,翌々年帰朝した。このときの様子などを記した『伊吉連博徳書』は,『日本書紀』の孝徳,斉明紀に引用されて残り,古代史の重要な史料となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊吉博徳 いきの-はかとこ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
斉明天皇5年(659)遣唐使にしたがい,7年耽羅(たんら)(済州島)の王子をともない帰国。天智(てんじ)天皇6年唐の百済(くだら)への使節司馬法聡(ほうそう)を百済へ護送。大津皇子の謀反に連座したがゆるされ,持統天皇9年遣新羅(しらぎ)使となる。大宝律令の編集にも参加。大宝3年功田,封戸をあたえられた。姓(かばね)は連(むらじ)。壱岐(伊岐)博得ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊吉博徳

生年:生没年不詳
7世紀後半の官人。斉明5(659)年,遣唐使に加わり入唐。『日本書紀』に引かれた旅行の記録『伊吉博徳書』によると斉明5年9月に唐の越州につき,閏10月洛陽で高宗皇帝に拝謁したが,唐が百済征討を準備中であったため,長安(西安)に禁足され,翌年9月,許されて長安を出発,済州島(韓国)を経て斉明7年5月に九州に帰還した。この書には,高宗との問答,日本使が他の外国使より優れていたこと,随員から讒言者が出て,一行が苦しんだことなども述べられている。帰国後は2度にわたり唐使を応接するなど外交に活躍したが,朱鳥1(686)年,大津皇子の変に連座した。しかしまもなく許されて,持統9(695)年には遣新羅使となり,大宝律令の制定にも参画して,文武4(700)年には褒賞を受けた。極位は従五位下であった。外国経験を生かした有能な官僚といえよう。<参考文献>北村文治『大化改新の基礎的研究』

(東野治之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いきのはかとこ【伊吉博徳】

七世紀の官人。659年遣唐使に従って入唐し抑留される。661年帰国。そのときの記録が「伊吉連博徳書いきのむらじはかとこのふみ」として日本書紀に引用されている。695年遣新羅しらぎ使。のち、大宝律令の編纂へんさんに功があり、従五位上に叙せられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊吉博徳
いきのはかとこ

生没年不詳。7世紀後半から8世紀初頭の学者、官人。渡来系氏族の出身で初め史(ふひと)姓、683年(天武天皇12)連(むらじ)姓を賜う。659年(斉明天皇5)遣唐使に従って入唐したが、唐は百済(くだら)侵攻を控えて秘密の漏れることを恐れ一行を抑留した。翌年百済の役が終わると抑留を解かれ、唐の高宗の慰労を受けて出発し、翌661年筑紫(つくし)に帰着し、朝倉宮に滞在中の斉明(さいめい)女帝に報告した。この間の事情は『日本書紀』に引く「伊吉連博徳書(いきのむらじはかとこのふみ)」に詳しい。667年(天智天皇6)唐の百済占領軍の使者を百済へ送る使となり、翌年復命、ときに小山下。686年(朱鳥1)大津皇子の謀反に坐(ざ)したが許され、のち大宝(たいほう)・養老(ようろう)両度の律令編纂(りつりょうへんさん)に加わり、そのつど賞を与えられた。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊吉博徳の言及

【伊吉博徳書】より

…《日本書紀》本文の割注として孝徳紀から斉明紀にわたり4ヵ所に引用され,当時の日唐間の航路や唐での使人の行動などが知られる。筆者の伊吉博徳は帰国後も唐との交渉にあたり,大津皇子事件では一時逮捕されたが,持統朝に遣新羅使となり,文武朝には大宝律令の制定に参加した。ほかに《難波男人書(なにわのおひとのしよ)》も同様な遣唐使人の記録である。…

※「伊吉博徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊吉博徳の関連キーワード群馬県前橋市総社町総社群馬県高崎市若田町滋賀県野洲市冨波乙鹿児島県出水郡長島町蔵之元韓智興坂合部大分坂合部唐佐味少麻呂調淡海調老人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone