コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊弉諾尊・伊弉冉尊 いざなぎのみこと・いざなみのみこと

1件 の用語解説(伊弉諾尊・伊弉冉尊の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊弉諾尊・伊弉冉尊【いざなぎのみこと・いざなみのみこと】

日本神話中の夫婦の創造神。天の浮橋から矛(ほこ)で大海をかきまわし,その滴(したたり)からできた於能碁呂(おのごろ)島で夫婦の交りをし,大八洲(おおやしま)国と万物およびその支配神を産む。
→関連項目大山祇神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

伊弉諾尊・伊弉冉尊の関連キーワード日本神話天の浮き橋天の瓊矛天の原蚤の夫婦夫婦仲安の河天の岩船エヌマエリシュ夢の浮橋

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone