コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊弉諾尊・伊弉冉尊 いざなきのみこといざなみのみこと

1件 の用語解説(伊弉諾尊・伊弉冉尊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いざなきのみこといざなみのみこと【伊弉諾尊・伊弉冉尊】

日本神話にあらわれる神の名。《古事記》では伊邪那岐命伊邪那美命などと記す。この男女2神は記紀神話において,天津神(あまつかみ)の命により創造活動のほとんどすべてを行い,《古事記》,および《日本書紀》の一書によれば,最後には黄泉国(よみのくに)との境において対立し,男神は人間の生をつかさどる神として,女神は人間の死をつかさどる冥界の神として互いに絶縁する。2神は,葦の芽吹き(国土の始源)→生気に満つ原野→浜と水田の出現→神の依代(よりしろ)→男女の防塞神→充足の観念,と系譜的に展開する〈神世七代(かみよななよ)〉の最後に出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊弉諾尊・伊弉冉尊の関連キーワード古事記伝日本神話大山祇神現れ古訓古事記伊奘冉尊櫛明玉神枉津日神沙土煑尊角樴尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone