コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊沢多喜男 いざわたきお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊沢多喜男
いざわたきお

[生]明治2(1869).11.24. 長野
[没]1949.8.13. 東京
政治家。東京帝国大学卒業後,内務省に入り和歌山,愛媛,新潟各県の知事,警視総監,台湾総督,東京市長,枢密顧問官などをつとめた。またこの間 1916年貴族院議員に勅選され,41年まで在任した。政党には籍をおかなかったが,大学同期の民政党の浜口雄幸と親しく政友会を嫌った。また岡田啓介内閣の成立を画策するなど政官界に隠然たる勢力をもっていた。伝記に伝記編纂会編『伊沢多喜男』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊沢多喜男 いざわ-たきお

1869-1949 明治-昭和時代の官僚,政治家。
明治2年11月24日生まれ。伊沢修二の弟。飯沢匡(ただす)の父。和歌山,愛媛,新潟の県知事をつとめ,大正3年警視総監。5年貴族院議員となり,憲政会系の同成会を結成して反政友会系の指導者となる。13年台湾総督。一時東京市長をつとめる。昭和15年枢密顧問官。昭和24年8月13日死去。81歳。信濃(しなの)(長野県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いざわたきお【伊沢多喜男】

1869‐1949(明治2‐昭和24)
官僚,政治家。長野県出身。帝国大学法科大学卒業。和歌山,愛媛,新潟の各県知事を歴任し,1914年警視総監,24年台湾総督をへて26年に東京市長となる。この間16年に勅選貴族院議員。大学で同期の浜口雄幸と親交を結び,立憲民政党系内務官僚の総帥としてまた政界の黒幕として活躍し,革新官僚に隠然とした力をもっていた。40年に枢密顧問官。伊沢修二は実兄。劇作家飯沢匡は実子。【金原 左門

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊沢多喜男
いざわたきお
(1869―1949)

明治・大正・昭和時代の官僚、政治家。明治2年11月24日長野県に生まれる。伊沢修二(しゅうじ)の弟。帝国大学法科大学で浜口雄幸(おさち)、幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)、小野塚喜平次(きへいじ)、高野岩三郎らと同期。卒業後内務省に入り、和歌山、愛媛、新潟各県知事、警視総監、台湾総督、東京市長などを歴任、1916~1941年(大正5~昭和16)貴族院議員、1940~1947年枢密顧問官を務めた。浜口雄幸と親しく、立憲民政党系内務官僚の指導者として重きをなした。劇作家飯沢匡(いいざわただす)は二男。昭和24年8月13日没。[木坂順一郎]
『伊沢多喜男文書研究会編『伊沢多喜男関係文書』(2000・芙蓉書房出版) ▽大西比呂志編『伊沢多喜男と近代日本』(2003・芙蓉書房出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊沢多喜男の関連キーワード岡田啓介内閣伊沢 修二後藤文夫下岡忠治松本 学

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android