伊藤 武雄(読み)イトウ タケオ

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 武雄
イトウ タケオ

昭和期の実業家 大阪商船社長。



生年
明治27(1894)年12月13日

没年
昭和41(1966)年11月19日

出生地
愛知県名古屋市

学歴〔年〕
東京帝大法学部〔大正8年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和34年〕

経歴
大正9年大阪商船に入社、秘書役を経て昭和19年取締役、21年専務、22年社長となり、敗戦後の再建に務めた。29年には日本政府の親善使節団員としてブラジルを訪問、32年には中近東へ移動大使として出張した。34年社長を退任、藍綬褒章を受章した。

伊藤 武雄
イトウ タケオ

大正・昭和期の中国研究家 日中友好協会副会長。



生年
明治28(1895)年3月1日

没年
昭和59(1984)年9月5日

出生地
愛知県渥美郡田原町

学歴〔年〕
東大法学部政治学科〔大正9年〕卒

経歴
大正9年満鉄に入社。調査課(調査部の前身)などに勤務。昭和18年“第2次満鉄調査部事件”に連座、10ケ月獄中生活を送る。21年には平野義太郎石浜知行らとともに中国研究所を設立。また25年の日中友好協会や、日中文化交流協会の設立に参画。政治経済研究所理事長、中国研究所理事長などを歴任。55年旧満鉄社員を集めた東方科学技術協力会を発足させ、自ら会長を務めるなど日中友好に尽くした。著書に「黄龍と東風」「満鉄に生きて」など。

伊藤 武雄
イトウ タケオ

大正・昭和期のドイツ文学者



生年
明治28(1895)年4月9日

没年
昭和46(1971)年2月24日

出生地
神奈川県横須賀市

学歴〔年〕
東京大学独文科〔大正7年〕卒

主な受賞名〔年〕
金沢市文化賞,北国文化賞

経歴
東大卒業後、四高、金沢大、桃山学院大教授を歴任。19世紀ドイツ文学を専攻。訳書に、ゲーリング「海戦」(築地小劇場旗上げ公演)グリルパルツェル「ザッフォー」(大15)をはじめ、ケラー「緑のハインリッヒ」などがある。金沢市文化賞、北国文化賞を受賞。

伊藤 武雄
イトウ タケオ

昭和期の声楽家(バリトン) 桐朋学園大学客員教授。



生年
明治38(1905)年8月2日

没年
昭和62(1987)年12月2日

出生地
大阪府

出身地
広島県

学歴〔年〕
東京音楽学校本科〔昭和5年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲四等旭日小綬章〔昭和51年〕

経歴
H・ウーハーペーニヒに師事。昭和10年にデビュー・リサイタル。日中戦争に応召、右手を失ったが、15年「夜明け」でオペラ初舞台。その前後、新響演奏会での「フィデリオ」「カルメン」「フィガロの結婚」などの歌唱で注目される。戦後はオペラ「リゴレット」に出演、歌曲集「冬の旅」など歌曲やオペラの日本語訳にも努めた。また桐朋学園の声楽科主任教授として後進を育成。41年には「ルクリシアの凌辱」などオペラの演出も手がける。

伊藤 武雄
イトウ タケオ

昭和期のドイツ文学者 名大名誉教授。



生年
明治42(1909)年1月11日

没年
昭和52(1977)年9月16日

出生地
大阪市

学歴〔年〕
東京大学独文科〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
中日文化賞(第12回)〔昭和34年〕「ケラー叙事文学の研究」

経歴
東大卒業後、ドイツ文学者として活躍し、八高、名古屋大等の教授をつとめる。昭和8年シュトリヒの「世界文学と比較文学史」を翻訳刊行したのをはじめ、ケラーの諸作の翻訳が多くある。論文としては「ケラー序論」「文学的一元論」などがあり、34年「ケラー叙事文学の研究」で中日文化賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

伊藤 武雄
イトウ タケオ


職業
声楽家

専門
バリトン

肩書
桐朋学園大学客員教授

生年月日
明治38年 8月2日

出生地
大阪府

出身地
広島県

学歴
東京音楽学校本科〔昭和5年〕卒

経歴
H.ウーハーペーニヒに師事。昭和10年にデビュー・リサイタル。日中戦争に応召、右手を失ったが、15年「夜明け」でオペラ初舞台。その前後、新響演奏会での「フィデリオ」「カルメン」「フィガロの結婚」などの歌唱で注目される。戦後はオペラ「リゴレット」に出演、歌曲集「冬の旅」など歌曲やオペラの日本語訳にも努めた。また桐朋学園の声楽科主任教授として後進を育成。41年には「ルクリシアの凌辱」などオペラの演出も手がける。

所属団体
日本演奏連盟

受賞
勲四等旭日小綬章〔昭和51年〕

没年月日
昭和62年 12月2日 (1987年)

家族
妻=伊藤 花子(ソプラノ歌手)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊藤 武雄 (いとう たけお)

生年月日:1905年8月2日
昭和時代の声楽家。桐朋学園大学教授
1987年没

伊藤 武雄 (いとう たけお)

生年月日:1894年12月13日
昭和時代の実業家。大阪商船社長
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android