コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆金山 いずきんざん

3件 の用語解説(伊豆金山の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊豆金山【いずきんざん】

静岡県伊豆地方に散在した金銀山の総称。16世紀後半から17世紀初頭にかけて繁栄。伊豆市の土肥金山,河津町から下田市にかけての縄地(なわじ)金山,南伊豆町の毛倉野金山,青野金山などから成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いずきんざん【伊豆金山】

静岡県伊豆地方に散在した金銀山の総称。16世紀後半から17世紀初頭にかけて繁栄した。初期の金生産は,多く砂金を原料としていたが,16世紀末になると山金採鉱が行われるようになり,伊豆金山は甲州金山と並んで,採鉱技術発展の発祥の地となった。中でも,土肥金山はその中心としての位置を占め,1577年(天正5)と伝えられる開坑以来,50年にわたって盛んに稼行した。この間,幕府は大久保長安を金山総奉行として経営に当たらせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆金山
いずきんざん

16世紀末から17世紀初期に繁栄した伊豆国の金銀山の総称。諸山のうち土肥(とい)(静岡県伊豆市)と縄地(なわじ)(賀茂(かも)郡河津(かわづ)町)がもっとも盛大であり、ほかに湯ヶ島(伊豆市)、瓜生野(うりゅうの)(伊豆市)などの金山があった。土肥は1577年(天正5)ころから採掘が始まり伊豆金山ではいちばん古く、50年にわたり繁栄した。とくに1606年(慶長11)に代官頭彦坂元正(ひこさかもとまさ)にかわって大久保長安(ながやす)が管轄してから活況を呈し、遊女町など「土肥千軒」といわれたほど繁盛した。縄地は慶長大判・小判の地金産地として繁栄し、最盛期には戸数が8000軒もあったという。瓜生野は大仁(おおひと)鉱山の一部で、湯ヶ島と同じく慶長(けいちょう)年間(1596~1615)に開発された。伊豆金山の開発には諸国から金掘りが集まったが、栄えたのはきわめて短期間であり、1607年(慶長12)に早くも大久保長安が縄地の山神や白浜の伊古奈比(いこなひめ)神社へ金山の繁盛と復興を祈願して奉納した鰐口(わにぐち)が現存している。毛倉野(けぐらの)や青野(賀茂郡南伊豆町)は元禄(げんろく)・宝永(ほうえい)年間(1688~1711)に始まり、金や銅を産して天明(てんめい)年間(1781~89)に隆盛となったが、まもなく衰退した。土肥は明治以降に本格的に再掘されたが、1965年(昭和40)に閉山。縄地も大正以降に稼業されたが、71年に同じく閉山した。[村上 直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊豆金山の関連キーワード天城山土肥温泉韮山安政金銀諸島伊豆高原古金銀天城越え伊豆のへそ佐渡金銀山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone