コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆金山 いずきんざん

百科事典マイペディアの解説

伊豆金山【いずきんざん】

静岡県伊豆地方に散在した金銀山の総称。16世紀後半から17世紀初頭にかけて繁栄。伊豆市土肥金山河津町から下田市にかけての縄地(なわじ)金山,南伊豆町の毛倉野金山,青野金山などから成る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずきんざん【伊豆金山】

静岡県伊豆地方に散在した金銀山の総称。16世紀後半から17世紀初頭にかけて繁栄した。初期の金生産は,多く砂金を原料としていたが,16世紀末になると山金採鉱が行われるようになり,伊豆金山は甲州金山と並んで,採鉱技術発展の発祥の地となった。中でも,土肥金山はその中心としての位置を占め,1577年(天正5)と伝えられる開坑以来,50年にわたって盛んに稼行した。この間,幕府大久保長安を金山総奉行として経営に当たらせた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆金山
いずきんざん

16世紀末から17世紀初期に繁栄した伊豆国の金銀山の総称。諸山のうち土肥(とい)(静岡県伊豆市)と縄地(なわじ)(賀茂(かも)郡河津(かわづ)町)がもっとも盛大であり、ほかに湯ヶ島(伊豆市)、瓜生野(うりゅうの)(伊豆市)などの金山があった。土肥は1577年(天正5)ころから採掘が始まり伊豆金山ではいちばん古く、50年にわたり繁栄した。とくに1606年(慶長11)に代官頭彦坂元正(ひこさかもとまさ)にかわって大久保長安(ながやす)が管轄してから活況を呈し、遊女町など「土肥千軒」といわれたほど繁盛した。縄地は慶長大判・小判の地金産地として繁栄し、最盛期には戸数が8000軒もあったという。瓜生野は大仁(おおひと)鉱山の一部で、湯ヶ島と同じく慶長(けいちょう)年間(1596~1615)に開発された。伊豆金山の開発には諸国から金掘りが集まったが、栄えたのはきわめて短期間であり、1607年(慶長12)に早くも大久保長安が縄地の山神や白浜の伊古奈比(いこなひめ)神社へ金山の繁盛と復興を祈願して奉納した鰐口(わにぐち)が現存している。毛倉野(けぐらの)や青野(賀茂郡南伊豆町)は元禄(げんろく)・宝永(ほうえい)年間(1688~1711)に始まり、金や銅を産して天明(てんめい)年間(1781~89)に隆盛となったが、まもなく衰退した。土肥は明治以降に本格的に再掘されたが、1965年(昭和40)に閉山。縄地も大正以降に稼業されたが、71年に同じく閉山した。[村上 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊豆金山の関連キーワード伊豆(市)天城湯ヶ島

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android