コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保科氏 ほしなうじ

3件 の用語解説(保科氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保科氏
ほしなうじ

清和源氏井上頼季の後裔という。信濃国高井郡保科に住し,光利のとき保科氏を称したという。初め武田氏に仕え,正直,正光のとき徳川家康に従い,大坂の陣後,信濃高遠3万石を領した。正光に嗣子がなかったので,徳川秀忠の子正之がその養子となり,寛永 13 (1636) 年出羽山形 20万石に封じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほしなうじ【保科氏】

信濃の豪族。平安末期諏訪氏の一族が高井郡保科(現,長野市若穂町)によったことにはじまる。1181年(養和1)の横田河原の合戦に木曾義仲軍井上光盛の手勢として保科党がみえる。また保科太郎は源頼朝の家人となった。一族は15世紀はじめに伊那高遠へ移った。その後裔正則は高遠城により,正俊,正直の2代は武田氏に属し勇名をはせた。正直は武田氏滅亡後徳川氏に仕え,1590年(天正18)徳川氏の関東移封にともない下総多胡1万石の領主となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保科氏
ほしなうじ

本姓清和源氏(せいわげんじ)頼季(よりすえ)流。星名、穂科、保志奈と相通じ、源平合戦のころから武将、武士、郎従の氏として、信濃(しなの)、越後(えちご)、佐渡、甲斐(かい)、武蔵(むさし)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)などの各地にみられる。そのなかで主流は信濃(長野県)の保科氏である。この一流である伊那(いな)保科氏は、源経基(みなもとのつねもと)の長男多田満仲(ただみつなか)の孫井上掃部助(いのうえかもんのすけ)頼季を祖とした。北信濃の高井郡井上に土着し、一族は付近の保科郷にも広がり鎌倉・室町時代に武名をあげた。戦国期には、筑後守(ちくごのかみ)正則が伊那高遠(たかとお)城(長野県伊那市)城主となり、その子正俊は武田信玄(たけだしんげん)・勝頼(かつより)父子に仕え槍弾正(やりだんじょう)として勇名をはせ、およそ三十七度の軍功があったと伝えられる。1582年(天正10)から正直(まさなお)・正光父子とも徳川家康に仕え、1590年正光は下総国多古(たこ)(千葉県多古町)に1万石を賜り、関ヶ原の戦いの功により、旧領高遠3万石に復し、継母の縁により将軍秀忠(ひでただ)の第4子を養嗣子(ようしし)とした。これが保科正之(まさゆき)で、1643年(寛永20)会津藩主となった。1696年(元禄9)に至って、家門に列し、会津松平氏となった。一方、正光の異母弟でその養子となっていた正貞は家を離れ旗本となり、ついで上総飯野(いいの)(千葉県富津(ふっつ)市)1万7000石の大名となった(のち2万石)。旗本直参(じきさん)の保科氏は飯野保科氏の分家である。[誉田 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保科氏の関連キーワード諏訪氏諏訪高井平家長野県上高井郡小布施町小布施長野県上高井郡高山村高井長野県上高井郡高山村牧石田為久中沢氏新居氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone