コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会計原則 かいけいげんそくaccounting principles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会計原則
かいけいげんそく
accounting principles

企業の会計上の慣習の結晶として会計的判断の基準となるもの。日本では第2次世界大戦前の財務権表準のあとをうけて,1949年に今日にいたる企業会計原則が設定された。その前文は「企業会計原則は企業会計の実務のなかに慣習として発達したもののなかから一般に公正妥当と認められたところを要約したものであって,法令によって強制されなくても,すべての企業がその会計を処理するにあたって従わなければならない基準である」と述べる。また企業会計原則は,公認会計士金融商品取引法の規定によって行なう上場会社の財務諸表監査において従わなければならない基準として実質的効力をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

会計用語キーワード辞典の解説

会計原則

会計処理にあたり全ての企業が従わなければならない指標。つまり、財務諸表を作成する際のガイドラインとなるのが会計原則である。経営者は、このルールに基づいて会計処理を行い、企業を監査する側もこのルールに基づいて会計監査を行う。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいけいげんそく【会計原則 accounting principles】

企業が経営成績や財政状態を株主,債権者,一般投資家などに報告開示するため,貸借対照表損益計算書などの財務諸表を作成する場合,多くの取引や科目の会計処理にあたって,いくとおりもの会計方法のなかから一つを選択適用することになる。その際に,選択される方法が企業ごとに異なると,財務諸表の金額の根拠および性格の不統一を生む。そして,財務諸表についての企業間比較を妨げ,また金額の意味について,情報利用者に誤解を与える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

会計原則の関連キーワード限定意見監査報告書企業会計原則の構成固定資産売却損益正規の簿記の原則保守主義の原則企業会計基準剰余金計算書原価計算基準当期業績主義経常損益計算真実性の原則国際会計基準財務システム明瞭性の原則継続性の原則秘密積立金決算報告書資産再評価行政コスト証券取引法

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android