コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低用量ピル ていようりょうピル

5件 の用語解説(低用量ピルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低用量ピル
ていようりょうピル

卵胞ホルモンが 0.05ミリグラム未満の経口避妊薬 (ピル) 。日本では 1999年承認された。 1990年以来製薬会社十数社から輸入・製造の申請が出されていたが,承認するとコンドームが使われなくなり,エイズ予防の観点から望ましくないとして 92年以降審議は先送りされ許可には9年を要した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

低用量ピル

ホルモン量の少ない経口避妊薬。卵胞ホルモン黄体ホルモンを含有するいわゆるピルは、排卵を抑えて避妊作用を発揮するもので、1960年に米国で最初に認可された。現在では効果が高く副作用の少ない低用量ピルが使われている。日本では、99年にようやく認可された。ピル服用が危険とされるのは、エストロゲン依存性腫瘍(乳がん等)、血栓症、高血圧、肝障害、大手術前後、35歳以上のヘビースモーカーなどの女性。服用に当たっては、医師による問診と定期的な検査が必要。一方、2006年2月、日本産科婦人科学会は低用量ピル使用のガイドラインの改定を行い、ピル使用に際し問診と血圧測定を定期的に行うことの他、わかりやすい服薬指導を明記。副効用としての、子宮内膜がん卵巣がんの減少、子宮内膜症の進行抑制と症状改善、ニキビの改善、月経痛や経血量の減少、骨量の維持などをより強調している。

(安達知子 愛育病院産婦人科部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

低用量ピル

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の合成女性ホルモンが配合されている。月経初日から21日間か28日間、毎日1錠ずつ飲むと、人工的に妊娠と似た状態になり、排卵が抑制され、避妊効果がある。医師の処方が必要で、正しく飲めば避妊効果は100%に近いが、性感染症予防にはならない。血栓症などの副作用があり、乳がんの経験や肝機能障害を持つ人、35歳以上の喫煙者らは使えない。心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、乳がん、子宮頸(けい)がんのリスクがわずかに高くなるとの報告もある。

(2006-08-11 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていようりょう‐ピル〔テイヨウリヤウ‐〕【低用量ピル】

低用量経口避妊薬

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

低用量ピル【ていようりょうピル】

卵胞ホルモン(エストロゲン)の含有量が0.05mg未満のピル。平均0.03〜0.04mg。ピルの副作用をできる限り抑える目的で開発された。諸外国では一般に浸透しているが,現在日本で使用されているピルは,卵胞ホルモンが0.05mg以上の中・高用量ピルがほとんど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

低用量ピルの関連キーワード経口避妊薬卵胞刺激ホルモン卵胞ホルモンピル卵巣ホルモン濾胞ホルモンFSHミニピルレボノルゲストレル低用量経口避妊薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

低用量ピルの関連情報