コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐太講武貝塚 さだこうぶかいづか

2件 の用語解説(佐太講武貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さだこうぶかいづか【佐太講武貝塚】

島根県八束郡鹿島町名分にある縄文時代の遺跡。宍道湖日本海をむすぶ佐太川の両岸の標高0~3mの低地と丘陵すそに,直径約100mの範囲に貝層が広がる。石器類はさらに広い地域に散在する。山陰地方では古くから知られた貝塚で,鵜灘(うなだ)貝塚ともよばれる。貝層はヤマトシジミを中心とし,少量の海産貝類や魚骨,シカ,イノシシなどの獣骨とシイの実などの自然遺物をふくむ。出土の縄文土器は,器壁の表裏にアナダラ属の二枚貝による調整を加えた丸底の条痕文土器を主体とし,ほかに少量の爪形,縄文,隆帯の文様などをほどこす土器片がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐太講武貝塚
さだこうぶかいづか

島根県松江市鹿島町佐陀宮内(かしまちょうさだみやうち)から鹿島町名分(かしまちょうみょうぶん)にまたがる縄文時代前期の貝塚遺跡。ヤマトシジミ主体の貝層は海抜0~3メートルの低い位置にあり、佐太川の岸付近では長さ約20メートル、厚さ1メートルあったが、遺跡は貝塚に近接する丘陵上まで広がっている。出土土器は、瀬戸内地方と共通する爪形(つめがた)文を施した前期の各時期のものを含む。磨製石斧(せきふ)、石鏃(せきぞく)、石錘(せきすい)、磨石(すりいし)が多数伴出しているほか、骨製尖頭器(せんとうき)も出土している。人の頭頂骨片に2孔をうがった装身具は珍しい。実年代は約7000~6000年前。国指定史跡。[春成秀爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐太講武貝塚の関連キーワード大森貝塚熊野大社縄文時代津雲貝塚佐太神社蓮田加曽利貝塚岩田遺跡大将軍遺跡エステック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone