コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐陀川 サダガワ

2件 の用語解説(佐陀川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さだ‐がわ〔‐がは〕【佐陀川】

島根県東部、松江市を流れる人工河川。宍道(しんじ)湖北東岸の浜佐陀から北へ島根半島を横切り、同市鹿島町恵曇(えとも)で日本海に注ぐ。長さ約8キロ。天明7年(1787)、松江城下と周辺の治水対策、恵曇~松江の水運、沿岸の新田開発を目的として造られた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐陀川
さだがわ

島根県東部、宍道(しんじ)湖の北東部と日本海沿岸の恵曇(えとも)を結ぶ人工河川。全長約8.3キロメートル、川幅約36メートル。1785年(天明5)松江藩士清原太兵衛の建議により、藩主松平治郷(はるさと)が施工、難工事のすえ2年後に完成した。城下町松江を水害から守ることと、宍道湖沿岸の諸港と恵曇間の舟運を実現することを目的とし、沿岸に新田も造成された。現在、一級河川に指定されているが、舟運と排水能力はない。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐陀川の言及

【鹿島[町]】より

…島根半島の中央部に位置し,北は日本海に臨み,南は松江市に接する。日本海に注ぐ佐陀川の河口にある中心集落の恵曇(えとも)は,東部の御津(みつ)とともに漁業集落として発展し,魚市場や冷凍設備があり,県東部の漁業中心地になっている。かまぼこや缶詰の製造など水産加工業が盛んで,鮮魚行商の従事者が多い。…

【宍道湖】より

…このころの湖は面積は現在の約1.5倍,塩分の濃度も高かったとみられるが,はんらんと河道の変遷をくり返してきた斐伊川が寛永年間(1624‐44)に東流して湖に注ぐようになってから,上流の鉄穴流(かんなながし)(たたら製鉄用の砂鉄採取)の影響もあって土砂が堆積して湖面は縮小し,塩分も減少した。一方,斐伊川の流入は西岸の三角州の成長を進める反面,東岸の松江にしばしば洪水の被害をもたらしたので,1689年(元禄2)に大橋川の南に並行して天神川が開かれ,1787年(天明7)には日本海に直接注ぐ排水路として佐陀(さだ)川が島根半島を横切って開かれた。両水路とも現在は排水量は少ない。…

【松江平野】より

…平野の標高はほとんど2m以下と低湿で,北東郊の北田町付近は1.3~1.5mと最も低い。かつては,しばしば洪水の被害をこうむったため,1689年(元禄2)大橋川の南側に並行して天神川が,また1787年(天明7)には佐陀(さだ)川が宍道湖と日本海を結ぶ人工水路として開削された。平野の土地利用は市街地以外はほとんど水田で,圃場整備の進んだところは一部乾田化している。…

※「佐陀川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐陀川の関連キーワード大橋川島根宍道湖中海松江城松江平野島根大学袖師浦美保の北浦一畑電車

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐陀川の関連情報