佐川[町](読み)さかわ

百科事典マイペディアの解説

佐川[町]【さかわ】

高知県中部,高岡郡の町。仁淀川の支流柳瀬川の流域に発達した小平野上にある。古くから酒造が盛ん。西部に粘土瓦工業がある。ナシ,イチゴ,茶を産する。主集落は近世の小城下町で,桜の名所。土讃線と国道33号線が交わる。100.80km2。1万3951人(2010)。→佐川造山運動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかわ【佐川[町]】

高知県中央部,高岡郡の町。人口1万5148(1995)。佐川盆地を中心とし,中央部を北流する仁淀(によど)川の支流柳瀬川の流域に発達した黒岩,佐川,斗賀野の各小平野に集落が散在する。町域の南縁は土佐・須崎両市に接し,土讃線と松山に至る国道33号線が通じる。中心集落佐川は江戸初期に土佐藩家老深尾氏の陣屋町として栄えた。佐川,斗賀野では良質米を産し,清酒の醸造も行われる。山間部の傾斜地では畜産や茶,果樹が栽培される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android