余地峠(読み)よちとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

余地峠
よちとうげ

群馬県南西部,南牧村と長野県佐久穂町の境にある。標高 1268m。鏑川河谷佐久盆地を結ぶ要路として,古くから物資が流通し,戦国時代武田信玄軍勢が信州から上州に攻め入ったとき,この峠を通った。江戸時代にも物資輸送路として利用され,群馬県側の砥沢には明治2 (1869) 年まで南牧の関所が置かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android