コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作物所 つくもどころ

5件 の用語解説(作物所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作物所
つくもどころ

平安時代,宮中や院で調度類の造進を司ったところ令外官 (りょうげのかん) の一つ。職員には別当,預 (あずかり) ,内竪 (ないじゅ) ,冶師などがあり,蔵人頭を別当に補することが多かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つくも‐どころ【作物所】

平安時代、宮中の調度品などの調進をつかさどった所。作物司(つくもづかさ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つくもどころ【作物所】

平安京内裏内の進物所の西に置かれ,宮中の調度を作る内廷的な所。内匠寮(たくみりよう)の出先機関的な役割を果たしたものと思われ,蔵人所の配下に置かれた。《西宮記》にみえる840年(承和7)灌仏の際に蔵人の指示で雑具を作ったという記事が初見史料で,その活動の一端を示せば,904年(延喜4)東宮のために御帳,台盤,銀器を,また大嘗会用に台盤,銀器を作ったことや,959年(天徳3)に卯杖(うづえ)を作製したこと,1015年(長和4)に神宝を作ったこと等々をあげることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つくもどころ【作物所】

平安時代、宮中や院の調度の製造・修理・装飾などをつかさどった令外の官司。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作物所
つくもどころ

令外(りょうげ)の官司(かんし)の一つ。宮中の調度品をつくる所。進物所(しんもつじょ)の西にあった。平安時代には令制官司のほかに、内裏(だいり)に多くの「所」が置かれたが、この作物所もその一つ。国史上の初見は『続日本後紀(しょくにほんこうき)』の承和(じょうわ)15年(848)3月条であるが、『西宮記(さいぐうき)』によれば、その成立は840年(承和7)以前となる。職員には別当(べっとう)、預(あずかり)があり、その下に冶師(やし)などの技術工が所属する。別当は蔵人頭(くろうどのとう)が兼ねた場合もあるが、これは、作物所が蔵人所の被管として、蔵人の命令を受けて雑器具の工作、修理にあたるためであろう。この「所」で実際に作成、修理された器具類には、神宝(じんぽう)、御帳(みちょう)、台盤(だいばん)、銀壺、銀筥(ぎんのはこ)、卯杖(うづえ)や銭貨の文字彫りなどがある。[渡辺直彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作物所の関連キーワード大内裏安喜門永安門嘉陽門徽安門式乾門進物所長楽門武徳門遊義門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone