便宜図法(読み)べんぎずほう(英語表記)conventional projection

  • conventional projections
  • べんぎずほう〔ヅハフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意図法ともいう。幾何学的な投影のみによらないで任意に決めたいろいろな条件を満たすようにして,できるかぎりひずみを少くした地図投影法。経緯線網の作図法をあらかじめ便宜的に決めたものや,地図投影法の性質などから解析的に導いたものなどがある。そのなかには,ハンメル図法ボンヌ図法サンソン図法モルワイデ図法多円錐図法多面体図法エイトフ図法などが含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地図投影のなかで投射図法以外のものの総称。展開図法のほかに、中央経線以外の経線を直線から曲線に変形した擬方位図法(方位図法の変形―エイトフ図法など)、擬円錐図法(ぎえんすいずほう)(円錐図法の変形―ボンヌ図法など)、多円錐図法、擬円筒図法(円筒図法の変形―サンソン図法、モルワイデ図法、エケルト図法など)、合成図法(2種の図法の経緯線の作図座標からその算術平均を求め、その座標値で作図するビンケル図法など)、および断裂法による変形などがある。

[金澤 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の便宜図法の言及

【地図】より

…正距図法の地図は,特定の方向線上の距離の関係が正しく表れ,正距方位図法,正距円錐図法(トレミー図法),正距円筒図法などがある。さらにまた,たとえば,ウィンケル第3図法のように,正積,正角,正距のいずれの条件も満足させてはいないが,それぞれのひずみは少なく,全体としての調和のとれている図法もあり,これらの図法を便宜図法と呼ぶこともある。 以上説明した図法は,日本全図や大陸図,あるいは世界全図などのように,広い地域の小縮尺図の図法である。…

※「便宜図法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android