コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保険代位 ほけんだいいsubrogation

翻訳|subrogation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保険代位
ほけんだいい
subrogation

損害保険において保険者が損害の填補をした場合,被保険者が保険の目的についてもっていた権利および被保険者が第三者に対してもつ権利を法律上当然に取得すること。前者を残存物代位といい (商法 661) ,後者を請求権代位という (662条) 。被保険者の二重利得を防止するとともに契約全体として保険料の低廉化をはかったもの。保険者は代位により第三者に対する権利を取得しても,被保険者または保険契約者の第三者に対する権利の行使を害さない範囲においてのみ,その権利を行使できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほけん‐だいい〔‐ダイヰ〕【保険代位】

損害保険で、保険会社が被保険者に保険金を支払ったとき、被保険者が有する権利を保険会社に移転させる制度。被保険者が持つ家屋・家財などの所有権を移転する残存物代位と、第三者に対して持つ損害賠償請求権を移転する請求権代位とがある。被保険者が保険金と損害賠償金を二重取りする利得を防止するための制度。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほけんだいい【保険代位 subrogation】

保険者が被保険者に保険金を支払ったときに,一定の要件のもとに,被保険者の有するある種の権利が保険者に移転することをいう。保険代位は保険金の支払により被保険者が不当な利益を得ることを防止する措置であり,損害の塡補(てんぽ)を目的とする損害保険契約のみに認められ,生命保険契約には認められていない。商法上,保険代位には残存物代位(661条)と請求権代位(662条)がある。前者は,保険の目的が全部滅失し保険金が全部支払われた場合にその目的について有していた被保険者の権利が保険者に移転することであり,海上保険における難破物や火災保険における焼残物に対する所有権などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の保険代位の言及

【全損・分損】より

… 絶対全損と推定全損のいずれの場合であっても,保険会社は被保険者(保険金を受け取る権利をもつ人)に保険金額の全額を支払うこととなり,その結果として保険の目的の残存物があれば保険会社はその残存物について被保険者が有している権利を取得する(商法661条)。これを保険代位という。 分損は全損以外のすべての損害をいう。…

※「保険代位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android