コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉吉[市] くらよし

百科事典マイペディアの解説

倉吉[市]【くらよし】

鳥取県中部の市。1953年市制。北部,東部は天神川が流れる倉吉平野山陰本線が通じる。中心の倉吉山名氏築城後城下町。江戸期は池田藩家老の陣屋町となり,稲こき千歯の産で知られた。商業が盛んで,工業では電気機械,繊維,食料品,金属などの製造業が中心。農村部では米作,二十世紀ナシ・メロン・スイカ栽培が盛ん。南部に関金温泉がある。2005年3月東伯郡関金町を編入。272.06km2。5万720人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くらよし【倉吉[市]】

鳥取県中部の中心都市。1954年上井(あげい),倉吉の2町と,西郷,上小鴨,高城,社,北谷,上北条の6村が合体,市制。人口5万1107(1995)。倉吉平野南部に位置し,古代から伯耆国の中心地として栄えた。中世には打吹(うつぶき)山に山名氏の打吹山城,近世には鳥取藩の家老荒尾氏の陣屋がおかれた。18世紀中ごろには周辺農山村の中心町として,稲扱千歯(いなこきせんば)や除草用太一車などの農器具の製造販売が行われ,また倉吉絣などの家内工業も盛んで,これが近代の製糸業,紡績業の発達のもととなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の倉吉[市]の言及

【鳥取[県]】より

… 低地は砂丘,砂州,沖積平野からなる。海岸線に沿って大小さまざまの砂丘が分布しているが,とくに倉吉平野と鳥取平野の海岸部にある北条砂丘と鳥取砂丘は最も規模が大きく,内部に岩盤や大山ロームより古い古砂丘が伏在しているため,起伏に富んだ砂丘地形を形成している。弓ヶ浜は長さ17.5km,幅3~5km,日本最大の湾央砂州で,〈大天橋〉と称揚される。…

※「倉吉[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

倉吉[市]の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑野村芳太郎川島雄三森一生単層日本自由党原子力産業

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android