コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音戸 おんど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音戸
おんど

広島県南西部,呉市南西部の旧町域。倉橋島北部を占める。 1906年町制。 1932年渡子島村と合体。 2005年呉市に編入。古くから瀬戸内海航路の要地で,港町として繁栄。音戸瀬戸を挟んで本土の呉市警固屋 (けごや) との間に 1961年音戸大橋が完成。 1973年には大柿町との間に早瀬大橋が完成して能美島と結ばれた。平地に乏しく山の傾斜地を利用してミカンの栽培が増加。農家の多くは兼業で,呉市本土への通勤者が多い。漁業はイワシ,エビ漁,沿岸部でカキ,真珠貝の養殖が行なわれる。もじ網は江戸時代からの特産。音戸大橋を中心として観光地化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おんど【音戸】

広島県中南部、呉市の地名。倉橋島北部を占める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音戸
おんど

広島県南西部、安芸(あき)郡にあった旧町名(音戸町(ちょう))。現在は呉(くれ)市の一地区。広島湾口の倉橋(くらはし)島北半部を占め、音戸ノ瀬戸を挟んで本土の呉市域に対する。1906年(明治39)瀬戸島(せとじま)村が町制施行して音戸町成立。1932年(昭和7)渡子島(とのこじま)村を編入。2005年(平成17)呉市に編入。音戸ノ瀬戸の開削以来、内海航路の要地であり、音戸大橋の完成(1961)後は都市化が進んでいる。またミカン栽培や、タイ、イワシ漁業、カキ、ノリの養殖も行われる。特産としてチリメンイリコがある。国道487号が通じ、早瀬大橋(1973年完成)によって能美島(のうみじま)と結ばれている。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

音戸の関連キーワード広島県呉市音戸町引地広島県呉市警固屋鹿島(広島県)お浦と治作伝説江田島(市)瀬戸(海路)音戸〈町〉広島県呉市音戸の瀬戸音戸[町]大柿[町]音戸の舟唄秋田明大福原遷都厳島神社江田島市呉(市)日宋貿易伊賀流広島湾

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音戸の関連情報