コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個体数推定法(読み)こたいすうすいていほう(英語表記)method of population estimation

世界大百科事典 第2版の解説

こたいすうすいていほう【個体数推定法 method of population estimation】

人口統計が人間社会の基礎的情報の一つであるように,個体数あるいは生息密度は動物の個体群に関する重要な情報である。生態学の基礎的知見としてだけでなく,農業害虫の抑制,水産資源管理などとも関連して,実際的な面でも個体数推定は必要となる。そのため古くから個体数推定法について理論的あるいは技術的に開発が続けられてきた。最も単純には,対象個体群の成員をすべて計数すればよいわけだが,これは大型動物の小さな個体群を除いてはほとんど不可能といってよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android