コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

値嘉島 ちかのしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

値嘉島
ちかのしま

値賀島とも書く。肥前国西部島嶼の古称。現在の長崎県五島列島および平戸島諸島。遣唐船寄港など,古来大陸との交通の要衝

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちか‐の‐しま【値嘉島】

長崎県の五島列島と平戸島などを含めた古称。
「次に―を生みき」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちかのしま【値嘉島】

現在の五島列島を中心とした歴史地名。《和名抄》に,肥前国松浦郡値嘉郷とあるが,古くは知訶,血鹿とも表記した。《肥前国風土記》には,〈遠けれど,猶,近きが如く見ゆ。近嶋(ちかしま)と謂ふべし〉という景行天皇にまつわる地名由来伝承をのせている。876年(貞観18)には,大宰権帥在原行平の起請によって,松浦郡庇羅(ひら)(平戸島)と値嘉の両郷を2郡とし,上近郡,下近郡と称し,併せて値嘉島となし,新たに嶋司郡領を置くこととなり,壱岐,対馬とならぶ行政区画となったが,まもなく廃されてもとの肥前国になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちかのしま【値嘉島】

長崎県五島列島と平戸島の総称。⦅歌枕⦆ 「名をたのみ-へとこぎくれば今日もふなぢにくれぬべきかな/重之集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

値嘉島
ちかのしま

長崎県五島(ごとう)列島の古称。知詞島とも書く。『古事記』に、大八洲(おおやしま)のほかに六島を生んだという伝説的記録の六島のなかに「ちかのしま」が含まれている。値嘉郷(さと)は五島列島と平戸(ひらど)島の両者をさすともいわれる。『肥前国風土記(ふどき)』によると、その昔、景行(けいこう)天皇が志式嶋(しじきじま)(平戸市志々伎(しじき))の行宮(あんぐう)に巡幸されたとき、西の海をご覧になり、第一の島を小近(おちか)(小値賀(おぢか)島)といい、第二の島を大近(おおぢか)(中通(なかどおり)島、または中通島およびそれ以南の島)とよび、遠くにあるが近くに見えるので近島(ちかしま)(値賀島)とよぶようになったと伝えられる。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

値嘉島の関連キーワード藤原広嗣遣唐使値賀島六島歌枕

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android