コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備前渠 びぜんきょ

百科事典マイペディアの解説

備前渠【びぜんきょ】

1604年代官頭伊奈忠次により開削された武蔵国北部の農業用水備前堀ともよばれた。当時の用水は,烏(からす)川の水を仁手(にって)(現埼玉県本庄市地先で取水,滝瀬(たきせ)村(現本庄市)で小山(こやま)川に落とし,矢島(やじま)村(現同県深谷市)で分水した後,弥藤五(やとうご)村(現同県熊谷市)で福(ふく)川に合流,日向(ひなた)堰(現同上)で再び分水した。1659年用水沿いの諸村を3組合に編成し,各堰の改修を分担。1793年取水口が閉鎖されたため,水不足が生じ水論が続出。1828年仁手口を開き二重の圦樋(いりひ)に改良,烏川仙南(せんなん)堀との間に新たに747間の溝を開削した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びぜんきょ【備前渠】

1604年(慶長9)代官頭伊奈備前守忠次が開削した武蔵国北部(現,埼玉県)の農業用水で,利根川と烏川の合流地右岸から取水されている。烏川に設けた取入口から堀を小山川に結び,さらに分水東流させ弥藤吾村(現,大里郡妻沼町)で福川に合流,幡羅郡と深谷領諸村の灌漑用水源となった。下流では北河原用水,東方用水などに利用され,59年(万治2)に改修,用水周辺諸村による各堰の分担も確立した。1767年(明和4)洪水で烏川の流路が激変したため,仁手(につて)村(現,本庄市)で新規に500間堀を開削したが,83年(天明3)の浅間山の噴火で利根川が決壊し,烏川との合流地が三友村(現,本庄市)に移動し,取水口周辺は利根川の逆水で被害が生じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

備前渠の関連キーワード妻沼[町]本庄(市)埼玉(県)

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android