コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備前渠 びぜんきょ

2件 の用語解説(備前渠の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

備前渠【びぜんきょ】

1604年代官頭伊奈忠次により開削された武蔵国北部の農業用水。備前堀ともよばれた。当時の用水は,烏(からす)川の水を仁手(にって)村(現埼玉県本庄市)地先で取水,滝瀬(たきせ)村(現本庄市)で小山(こやま)川に落とし,矢島(やじま)村(現同県深谷市)で分水した後,弥藤五(やとうご)村(現同県熊谷市)で福(ふく)川に合流,日向(ひなた)堰(現同上)で再び分水した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

びぜんきょ【備前渠】

1604年(慶長9)代官頭伊奈備前守忠次が開削した武蔵国北部(現,埼玉県)の農業用水で,利根川と烏川の合流地右岸から取水されている。烏川に設けた取入口から堀を小山川に結び,さらに分水東流させ弥藤吾村(現,大里郡妻沼町)で福川に合流,幡羅郡と深谷領諸村の灌漑用水源となった。下流では北河原用水,東方用水などに利用され,59年(万治2)に改修,用水周辺諸村による各堰の分担も確立した。1767年(明和4)洪水で烏川の流路が激変したため,仁手(につて)村(現,本庄市)で新規に500間堀を開削したが,83年(天明3)の浅間山の噴火で利根川が決壊し,烏川との合流地が三友村(現,本庄市)に移動し,取水口周辺は利根川の逆水で被害が生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

備前渠の関連キーワード伊奈忠次伊奈忠治関東郡代神奈備神奈備山石出掃部亮伊奈忠勝伊奈忠政祐国長谷川長綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone