コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

催合 もやい

百科事典マイペディアの解説

催合【もやい】

寄りうこと。船をつなぐのは舫,労力の共同や利益の共有は合と記す。催合は(ゆい),手伝などの共同慣行中最も共同性が強く,労働の共同のみならず生産手段の共有をも含む。
→関連項目田植

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

催合
もやい

模合とも書き、もやうことで、共同とか共同生産を意味する。わが国で地域社会の人々が共同で事を行う伝統的慣行には、催合のほか結(ゆい)や手伝いなどがあるが、そのなかで、元来とりわけ共同性の強いのが催合である。また今日もっとも衰退が著しいのも催合であり、それは生産形態の変化に関係している。催合は全国の村々で行われていたが、結が農山村で盛んなのに対し、催合は漁村でより盛んな慣行である。漁村で催合が行われる機会の代表は地引網(じびきあみ)漁のときで、これには村共同の場合と特定の家どうしの共同の場合とがあるが、いずれも各家から資材と労働力とを対等に提供しあい、漁獲物も平等に分配することが基本原則となる。
 農山村では村共有の山野を「もやい山」「入会(いりあい)山」とよぶ例は多いが、実際の共同生産の例は比較的少なく、伐採、木材流し、屋根葺(ふ)き用の茅(かや)切りなどの機会にみられるのみである。そのほか、道普請(みちぶしん)や神社の祭礼での奉仕を「もやい仕事」として行ったり、村共同の「もやい風呂(ぶろ)」や、共同で祝儀・不祝儀用の器具をもつ「もやい道具」の慣行があった村も各地にあったが、今日では減少している。
 なお、今日、沖縄や奄美(あまみ)地方では「模合」が盛んであるが、この地方でいう現在の模合とは本土の「頼母子講(たのもしこう)」であり、近隣、友人、知人同士が仲間をつくり、毎月定まった金銭を提供して成員のなかの1名が交代で受け取る、いわば民間の共同金融制度である。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

催合の関連キーワード金正日入会

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android