コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)方 イリガタ

デジタル大辞泉の解説

いり‐がた【入(り)方】

《「いりかた」とも》中にはいろうとするころ。特に、日や月などが没しようとするころ。「日の入り方に宿に着いた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

入(り)方の関連キーワードリーベルマン(Evsey Grigor'evich Liberman)V.サトゥイ行政長官選挙の制度改革ジュネーブ一般議定書ガス入りケーブル方式会津藩 古文書造りミシブルドライブ法アンタイド・ローン超水平線レーダ鎖骨スポンサー国際社会学協会和歌山(県)無著者名古典記述独立方式小畑七郎兵衛盲目着陸装置等価標目方式責任性の混合カプラン水車日本目録規則

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android