コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国労農大衆党 ゼンコクロウノウタイシュウトウ

百科事典マイペディアの解説

全国労農大衆党【ぜんこくろうのうたいしゅうとう】

中間派無産政党。1931年7月,当時分立していた社会民主主義諸党のうち,全国大衆党労農党および社会民衆党内の合同賛成派によって結成。書記長麻生久満州事変に際しては堺利彦を中心に帝国主義戦争反対闘争を計画したが弾圧された。
→関連項目大日本生産党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんこくろうのうたいしゅうとう【全国労農大衆党】

1931年7月結成された中間派主導の社会民主主義政党。1930年総選挙での無産政党の惨敗(当選5名)がきっかけとなり,全国大衆党労農党社会民衆党分派である三党合同実現同盟の合同により結成された。書記長麻生久。31年府県会選挙での当選者13名。翌年の総選挙での当選者2名。日本労働俱楽部参加をめぐって,有力支持団体の全国労働組合同盟(全労)の内部が分かれ混乱した。満州事変がおこると労農派の要求で対支出兵反対闘争委員会をつくり帝国主義戦争反対を唱えたが,具体的な運動にはとりくめなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全国労農大衆党
ぜんこくろうのうたいしゅうとう

無産政党中間派と左派の結合体。無産政党(労働者・農民など無産階級の利益を代表する戦前の合法的な政党)の合同機運が高揚するなかで、1931年(昭和6)7月、中間派の全国大衆党(1930年結成、議長麻生久)と左派の新労農党(1929年大山郁夫らが結成)の結集を軸とし、麻生久(あそうひさし)を書記長とする党員約5万7000人の全国労農大衆党(全労党(ぜんろうとう))が結成された。全労党は党の政策に帝国主義侵略戦争反対を掲げ、満州事変に直面して堺利彦を委員長とする対支出兵反対闘争委員会を設けるなど、日中戦争突入に抵抗する姿勢を示した最後の無産政党となった。なお、結党大会にあたって堺利彦から「僕は病床にゐて諸君の帝国主義戦争反対の叫びの中に死ぬ事を光栄とす」とするメッセージが紹介されている。翌1932年7月、右派の社会民衆党と合同することによって統一無産政党として社会大衆党を誕生させたが、社会大衆党において、もはや帝国主義戦争反対の姿勢が示されることはなかった。[高橋彦博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

全国労農大衆党の関連キーワード日本国家社会党田部井 健次国家社会主義河上 丈太郎杉山 元治郎山崎 今朝弥吉田 賢一菱野 貞次天田 勝正労働農民党西村 栄一岡崎 精郎山花 秀雄山崎 常吉藤岡 文六加藤 鐐造松本 積善井上 良二麻生 久中村高一

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android