コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八大山人 はちだいさんじんBa-da-shan-ren

6件 の用語解説(八大山人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八大山人
はちだいさんじん
Ba-da-shan-ren

[生]天啓6(1626).江西,南昌
[没]康煕44(1705)
中国,明末,清初の遺民画家。明の王族として生れた。俗姓は朱,名はとうというが明らかではない。明の滅亡後僧となり伝綮,雪个,人屋,个山 (かざん) など多くの法名と号をもった。高僧として多くの弟子がいたが,のち県令に捕えられ発狂 (一説に発狂を装ったともいわれる) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はちだい‐さんじん【八大山人】

[1626~1705]中国、清初の画家。南昌(江西省)の人。明の王族出身。字(あざな)は雪个(せつこ)。別号、伝綮(でんけい)。朱耷(しゅとう)とも。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

八大山人【はちだいさんじん】

中国,明末清初の画家。名は朱【とう】(しゅとう)。明の王族の出身で,明の滅亡後僧となって奉新山に隠棲(いんせい),書画と詩酒を友に生活し,狂人のような行動が多かった。
→関連項目呉昌碩石濤南宗画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちだいさんじん【八大山人 Bā dà shān rén】

1626‐1705
中国,清代初期の画家。明朝王室の後裔で,寧藩弋陽(よくよう)府の王族として南昌(江西省)に生まれる。名は中桂とも統(とうりん)とも考証されるが,朱耷(しゆとう)が通行している。字は雪个(せつこ)。明の諸生となったが,1645年(順治2),20歳のときに明朝が滅んで寧藩に清軍が侵攻すると,南昌東南の進賢県介岡の灯社に隠れて僧となり,のち師の宏敏を継いで奉新県新興郷の耕香庵の法嗣となる。法名は伝(でんけい)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はちだいさんじん【八大山人】

1626~1705) 中国、明末・清初の画家。本名は朱耷しゆとう(一説に朱由棌しゆゆうずいとも)。明滅亡を機に出家。奇行で知られ、形式にとらわれない南画を描き、特に山水画に佳品が多い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八大山人
はちだいさんじん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八大山人の言及

【清代美術】より

…苦悩や絶望すらも自己の享楽としたオプティミズムと国力の最隆盛期を迎えた商業都市の粋な美しさ,既成の画法にとらわれぬ奔放で野生的な筆描が彼らの特色である。また康熙年間は八大山人,石濤(せきとう),傅山(ふざん),徐枋(じよぼう)など前王朝の遺民が画家として活躍した時期でもある。なかでも八大山人と石濤の2人は明朝宗室の末裔にあたり,共に僧籍に入ったが,既成の権威を無視した独自の表現により,亡国の憂憤を画面にぶつけることで,世俗を超越したきわめて独創的な画風を展開した。…

※「八大山人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

八大山人の関連キーワード弩爾哈斉今大路道三ニコラオ弩爾哈斉・奴児哈赤お江二条城の本格修理クリスティーナクロムウェル崇源院ステーン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八大山人の関連情報