コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木重吉 やぎじゅうきち

7件 の用語解説(八木重吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八木重吉
やぎじゅうきち

[生]1898.2.9. 東京,町田
[没]1927.10.26. 町田
詩人。 1921年東京高等師範学校卒業。在学中キリスト教に入信,英語教師となってから詩作を始め,詩集『秋の瞳』 (1925) を刊行。草野心平に認められたが,病弱のため夭折した。没後刊行の『貧しき信徒』 (28) ,『定本八木重吉詩集』 (58) などにより,次第にその評価が高まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やぎ‐じゅうきち〔‐ヂユウキチ〕【八木重吉】

[1898~1927]詩人。東京の生まれ。敬虔(けいけん)なキリスト者として、詩壇の外にあって純化された詩を発表した。詩集「秋の瞳」「貧しき信徒」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

八木重吉【やぎじゅうきち】

詩人。東京都生れ。東京高師卒。敬虔(けいけん)なキリスト教信者で,キーツの詩を愛した。詩集《秋の瞳》は純粋な美しい心境を歌っている。没後《貧しき信徒》《神を呼ばう》《定本八木重吉詩集》等が出た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木重吉 やぎ-じゅうきち

1898-1927 大正-昭和時代前期の詩人。
明治31年2月9日生まれ。大正8年受洗後,内村鑑三の無教会主義にちかづく。10年英語教師となり,信仰と詩作に没入。14年詩集「秋の瞳(ひとみ)」を刊行し,佐藤惣之助(そうのすけ)主宰の「詩之家」同人となる。昭和2年10月26日死去。30歳。翌年自選詩集「貧しき信徒」が刊行された。東京出身。東京高師卒。
【格言など】ひとをいかる日 われも 屍(しかばね)のごとく寝入るなり(「定本八木重吉詩集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やぎじゅうきち【八木重吉】

1898‐1927(明治31‐昭和2)
詩人。東京府(現,町田市)の生れ。農家の次男に生まれ1921年春,東京高師卒業後,兵庫県御影師範の英語教師となる。19年に受洗していたが,その後,内村鑑三の影響により無教会主義の信仰に近づく。22年島田とみと結婚,このころより詩と信仰の合一を目ざしての精進がつづけられる。25年処女詩集《秋の瞳》を刊行,《日本詩人》その他の誌上に作品の発表をみるようになる。この間25年には千葉県立東葛飾中学に転任したが,翌年から病臥。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やぎじゅうきち【八木重吉】

1898~1927) 詩人。東京、南多摩生まれ。東京高師卒。「詩の家」同人。キリスト者として「銅鑼」その他に繊細かつ清純な抒情詩を発表したが、肺結核で早世。詩集「秋の瞳」「貧しき信徒」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八木重吉
やぎじゅうきち
(1898―1927)

詩人。東京南多摩(町田市)生まれ。東京高等師範学校在学中の1919年(大正8)洗礼を受けたが、しだいに内村鑑三の無教会主義の信仰に近づいた。21年兵庫県御影(みかげ)師範の英語教師として赴任、このころから詩作に熱中し、詩と信仰の合一を目ざすようになる。25年千葉県立東葛飾(ひがしかつしか)中学に転任、第一詩集『秋の瞳(ひとみ)』を刊行、佐藤惣之助(そうのすけ)主宰の『詩之家』同人となった。しかし、翌26年より結核のため病臥(びょうが)、27年(昭和2)10月26日没した。没後、生前自選の第二詩集『貧しき信徒』(1928)刊行。その詩は、身辺の自然や家族を題材に、真摯(しんし)な信仰に生きる厳しさと喜びを口語による短章によって純一に表現している。[飛高隆夫]
『『八木重吉全集』全三巻(1982・筑摩書房) ▽『定本八木重吉詩集』(1978・弥生書房) ▽『八木重吉詩集』(旺文社文庫) ▽田中清光著『詩人八木重吉』(1969・麦書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八木重吉の関連キーワード井手訶六祷苗代小野重行古賀愛子高松梅窓土屋興二条厚基菱野貞次陽咸二吉田真策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八木重吉の関連情報