コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村暮鳥 やまむらぼちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山村暮鳥
やまむらぼちょう

[生]1884.1.10. 群馬,棟高
[没]1924.12.8. 茨城,磯浜
詩人。本名,土田八九十。 1908年聖三一神学校卒業。キリスト教牧師となり,かたわら,北原白秋室生犀星萩原朔太郎を知り,『三人の処女』 (1913) ,『聖三稜玻璃』 (15) などの詩集に直観的で難解な象徴詩風を展開。その後次第に平明な牧歌的,人道主義的作風に転じ,『風は草木にささやいた』 (18) ,『雲』 (25) などの詩集を刊行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山村暮鳥

1884(明治17)年、西群馬郡棟高村(現高崎市棟高町)生まれ。萩原朔太郎や室生犀星と人魚詩社を設立し、数々の作品を発表した。視覚に訴える斬新な手法で、日本近代詩に変革をもたらした。代表的な詩集に「風は草木にささやいた」「雲」などがある。1924(大正13)年、40歳で病死した。

(2007-12-20 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまむら‐ぼちょう〔‐ボテウ〕【山村暮鳥】

[1884~1924]詩人。群馬の生まれ。本名、土田八九十(つちだはくじゅう)。初期の前衛的な詩風から、晩年は平易な表現の人道主義的作風に至った。詩集「三人の処女」「聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)」「風は草木にささやいた」「雲」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山村暮鳥【やまむらぼちょう】

詩人。本名土田八九十。群馬県生れ。聖三一神学校卒。以後聖公会伝道師として各地に転任。初め短歌を作ったが,のち詩に転じ,1913年詩集《三人の処女》を出して認められ,萩原朔太郎室生犀星と人魚詩社を興す。
→関連項目感情(雑誌)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村暮鳥 やまむら-ぼちょう

1884-1924 明治-大正時代の詩人。
明治17年1月10日生まれ。聖三一神学校卒業後,伝道しながら詩をつくり,大正2年第1詩集「三人の処女」を出版。4年の「聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)」は斬新さで詩壇の話題となる。7年「風は草木にささやいた」で人道主義的詩風にたち,晩年は枯淡の境地にいたった。童話,童謡もかいた。大正13年12月8日死去。41歳。群馬県出身。本名は土田八九十(はくじゅう)。
【格言など】芸術のない生活はたえられない。生活のない芸術もたえられない(「雲」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山村暮鳥

没年:大正13.12.8(1924)
生年:明治17.1.10(1884)
明治大正時代の詩人,伝道師。木暮久七,志村シャウの長男。群馬県西群馬郡棟高村に生まれる。本名土田八九十(旧姓志村,木暮)。複雑な家庭だったらしく,自伝で不幸な生い立ちを述懐している。小さいころから様々な職を転々とし,16歳のとき小学校の代用教員となり,同時に前橋の牧師チャッペルについて英語を学ぶ。明治35(1902)年,洗礼を受け,36年,築地の聖三一神学校に入学,兵役で満州(中国東北部)に出征したのち,41年卒業。聖公会伝道師として,秋田,湯沢,仙台,水戸などを歴任する。初めは木暮流星の名で短歌の投稿をするが,43年,人見東明らの結成した自由詩社に参加,山村暮鳥と改名,詩作を専らとする。大正2(1913)年,『三人の処女』を出版。4年,『聖三稜玻璃』刊,内容が詩壇に波紋を投げかけ,毀誉褒貶あい半ばする評価を受けた。言葉遊びとけなす者,象徴詩を読み取る者,意味不明と匙を投げる者などであった。時代に先んじたダダイスム的要素がみられるが,深い意味がどこまであったかは疑問である。しかし7年刊の『風は草木にささやいた』は,ヒューマニズム溢れる詩集で,愛読書のボードレール的な面よりは,内容的にはフランシス・ジャムに近い。この年,喀血して伝道師を休み,茨城県磯浜に療養生活を送ることになる。この間も童話の執筆,1300行からなる長編詩『荘厳なる苦悩者の頌栄』(1920),自作のなかから会心の作87篇を集めた『穀粒』(1921)などがあるが,詩集『雲』の編纂途中で没した。晩年の詩は穏やかな日常を素朴に歌っている。

(及川茂)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまむらぼちょう【山村暮鳥】

1884‐1924(明治17‐大正13)
詩人。群馬県生れ。本名土田八九十。繭の仲買商だった父が事業に失敗,小作農としての貧窮の生活を幼少年期に過ごし,工員ほか多くの職を転々,16歳のときに年齢をいつわって小学校の代用教員などもした。1902年6月前橋聖マッテア教会にて受洗。翌03年東京築地の聖三一神学校に入学し08年卒業。以後秋田県横手をはじめ湯沢,仙台,水戸,福島県平,ふたたび水戸と聖公会伝道師として各地に転任。18年秋結核のため喀血,翌年より伝道師の職を休職,終焉の地茨城県磯浜にその晩期を過ごすこととなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまむらぼちょう【山村暮鳥】

1884~1924) 詩人。群馬県生まれ。本名、木暮(のち土田)八九十はくじゆう。聖三一神学校卒。大正初期、詩集「三人の処女」「聖三稜玻璃」を刊行、さまざまな詩型の試みに満ちた特異な感覚の詩人として詩壇に登場、のち人道主義詩風に転じた。詩集「風は草木にささやいた」「雲」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山村暮鳥
やまむらぼちょう
(1884―1924)

詩人。明治17年1月10日、群馬県に生まれる。本名土田八九十(はくじゅう)。東京・築地(つきじ)の聖三一神学校卒業。伝道師として東北各地を放浪のかたわら、前田林外らの『白百合(ゆり)』に木暮流星の筆名で短歌を投稿、創作活動を始め、1910年(明治43)人見東明(ひとみとうめい)らの自由詩社に参加、機関誌『自然と印象』に『航海の前夜』その他を発表する。以後『文章世界』『創作』『早稲田(わせだ)文学』などを舞台に、精力的に詩作を続けた。処女詩集『三人の処女』(1913)を刊行後、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)、室生犀星(むろうさいせい)らと人魚詩社(1914)をおこし、『卓上噴水』(1915)を創刊するなど、文学と信仰のはざまを大きく揺れ動きながらも、生の苦悩と覚醒(かくせい)を基調とした独自の詩風を確立した。おもな詩集にシュールな詩風で知られる『聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)』(1915)、「人間」キリストを主題とした『風は草木にささやいた』(1918)、『梢(こずえ)の巣にて』(1921)のほか、『雲』(1925)、遺稿詩集『月夜の牡丹(ぼたん)』(1926)などがある。小説、童話なども手がけた。大正13年12月8日没。[原 子朗]
『『山村暮鳥全集』全二巻(1961、62・弥生書房) ▽『山村暮鳥全詩集』(1976・弥生書房) ▽『山村暮鳥』(『近代文学研究叢書23』所収・1965・昭和女子大学) ▽和田義昭著『山村暮鳥と萩原朔太郎』(1976・笠間書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山村暮鳥の関連キーワードたあんきぽーんき飛鳥田 孋無公萩原 朔太郎感情(詩誌)山村 暮鳥吉野 せい口語自由詩三野 混沌草野心平吉野せい三野混沌詩型詩歌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山村暮鳥の関連情報