コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対審 たいしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対審
たいしん

裁判において,相対立する訴訟当事者をして,裁判官の面前で,口頭でその主張を対抗させることによって行われる審理方式で,訴訟手続の核心的部分をなす。刑事訴訟における公判期日の手続,民事訴訟における口頭弁論がそれに該当する。訴訟手続におけるその重要性にかんがみ,日本国憲法は,裁判の対審および判決は公開法廷で行うべきものとしている (82条1項) 。もっとも,裁判官の全員一致で,公序良俗を害するおそれがあると決した場合には対審は公開しないで行うことが認められているが,政治犯罪,出版に関する犯罪または憲法第3章で保障する国民の権利が問題となっている事件の対審は,常に公開法廷で行わなければならないものとされている (同条2項) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいしん【対審】

訴訟の当事者(民事訴訟では原告と被告,刑事訴訟では検察官と被告人・弁護人)を対立・関与させて,裁判官の面前で双方の主張を述べ判断の資料を提出させる訴訟の審理の場面をいう。訴訟手続の中核をなす部分である。民事訴訟における口頭弁論の手続,刑事訴訟における公判期日の手続がこれにあたる。司法の公正を保障するため,憲法上,対審は原則として公開の法廷で行わなければならないとされている(憲法82条1項)。ただし裁判所は,裁判官の全員一致で公の秩序・善良の風俗(公序良俗)を害するおそれがあると決した場合には,対審の公開を停止することができる(憲法82条2項,裁判所法70条)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいしん【対審】

( 名 ) スル
訴訟において、対立する当事者が裁判官の前で主張を闘わせることによって進められる審理方法。民事訴訟では口頭弁論、刑事訴訟では公判期日の手続きがこれに当たり、いずれも公開を原則とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

対審の関連キーワード裁判官弾劾裁判所大日本帝国憲法同和事業部落問題公開主義同和対策公開裁判北原泰作内乱罪対決

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android