コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役夫工米 やくぶくまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

役夫工米
やくぶくまい

「やくぶたくまい」ともいう。平安~鎌倉時代に,伊勢内宮,外宮の式年造営の費用を調達するため,公領荘園など全国に課せられた公事夫役代りに米を徴収したので,この称がある。室町時代には銭で徴収している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やくぶ‐くまい【役夫工米】

平安時代以降、伊勢神宮内宮外宮の造営の際、その費用として全国に課された臨時の税米。やくぶたくまい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

役夫工米【やくぶくまい】

伊勢神宮の20年に1度の式年(しきねん)遷宮の造宮費用として諸国の荘園公領に課せられた臨時課税。〈やくぶたくまい〉とも。律令制下では労働力は伊勢・美濃・尾張・三河・遠江の5国の役夫,造営費用や役夫の食料は神税や正税(しょうぜい)をあてた。
→関連項目国役

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やくぶくまい【役夫工米】

平安後期から室町期にかけ,伊勢神宮の20年1度の式年遷宮の造営費として,諸国の公領・荘園から臨時に徴収した米。〈やくぶたくまい〉ともいう。もともと,伊勢遷宮の造営費は朝廷の官庫物および神宮の神郡,神田,神戸からの神税をあて,労働力は伊勢,美濃,尾張,三河,遠江5ヵ国から徴発した役夫によっていたが,11世紀中ごろからの中世的収取体系の成立以降,その費用,労働力を全国的規模で賦課,徴収する役夫工米制に変わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やくぶくまい【役夫工米】

平安時代以降、伊勢神宮内宮・外宮の造営に際して、朝廷が全国の荘園公領に賦課した、臨時の公事。徴収権は鎌倉幕府の成立とともに漸次武家方へ吸収され、南北朝末期には室町幕府によって完全に掌握された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

役夫工米の関連キーワード平安時代(年表)斎藤基恒日記石清水八幡宮荘園(日本)一国平均役国衙・国府伊勢参り守護大名神宮頭人鎌倉幕府室町幕府小宅荘菊万荘神奈川宣旨枡段銭天役

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android