コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公地公民 コウチコウミン

5件 の用語解説(公地公民の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうち‐こうみん【公地公民】

土地と人民はすべて国家の所有とし、私有を認めないこと。大化の改新の際に打ち出され、以後律令制の原則となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

公地公民【こうちこうみん】

大化改新で採用された土地・人民の私的所有を否認する制度。すべての土地・人民は朝廷に属するとし,屯倉(みやけ),田荘(たどころ)などを廃止して班田収授法を実施し,品部(しなべ),部曲(かきべ)などの私有民を公民とした。
→関連項目豪族公領

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうちこうみん【公地公民】

日本古代の律令国家の国制の基本的な性格の一つとして,近代史学がつくりあげた概念。すべての土地と人民は朝廷に属するとし,豪族の私地私民に対立する概念。大化改新によって私地私民を廃止し,公地公民の政策が打ち出され,約半世紀後の大宝律令の施行によって公地公民制が確立したというのが通説である。しかし,すでに中田薫が指摘しているように,律令においては,口分田(くぶんでん)は私田とされていた。口分田を公民に班給する班田収授制は,公地公民制の中心的な施策と考えられてきたが,その口分田が律令においては公田でなく私田とされていたのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうちこうみん【公地公民】

皇族・諸豪族の私有地・私有民を廃止し、すべての土地・人民を国家すなわち天皇の所有とすること。大化の改新で宣言され、律令制の基本とされた。 ↔ 私地私民

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公地公民
こうちこうみん

律令(りつりょう)制の基本原則の一つ。大和(やまと)国家は私地私民を原則として直轄領以外は諸豪族による国土の間接支配を行い、世襲職制によってしだいに政治組織を整備していったが、7世紀に入って東アジアの緊張が中国と朝鮮の間で高まり、日本は軍事力の強化と国内の政治的安定のために、強力な中央集権国家の形成が急務となった。このため、まず645年(大化1)に中大兄(なかのおおえ)皇子、中臣鎌足(なかとみのかまたり)らは旧体制を維持しようとする蘇我(そが)氏をクーデターによって排除し、翌年正月に国制改革の方針を「改新の詔」の形で発表した(大化改新)。これは、中国の律令制度を導入して公地公民主義を採用し、すべての土地(主として既耕の水田)と人民を国家の領有とするとともに、官僚制による強力な中央集権体制を樹立しようとするものであり、以後、この方向に沿って大宝(たいほう)律令(701)の制定までの約半世紀にわたって、公地公民の確立に努めた。公地と公民は律令の法文上では天皇の所有のような表現がとられているが、現実には中央豪族(貴族)全体による共有とみるべきであり、旧来の氏姓制体制下での彼らの諸特権は、いろいろな形で確保されている。公地の中心をなすのは口分田(くぶんでん)であるが、そのほか官田、位田、職田(しきでん)、功田、賜田、諸司田、寺田、神田があった。公民とは口分田の班給を受け、戸籍に登録されて国家に租税を納める良民をいい、品部(しなべ)、雑戸(ざっこ)もこのなかに含まれているが、貴族や賤民(せんみん)はこれから除外されている。推古(すいこ)天皇のころから公民という語が使われているが、これは屯倉(みやけ)の田部(たべ)や各種の職業部、あるいは御名代(みなしろ)の部のような朝廷所属の民を公民といっているにすぎないので、律令的公民の理念を示したものとみるべきではない。[平田耿二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の公地公民の言及

【班田制】より

…そして(3)の山川藪沢とは,(1)(2)以外のすべての土地をさし,その私有は認められず,禁野以外の土地は人民の焼畑耕作や採草その他の共同利用に任せられた。一般に律令体制の基本理念として〈公地公民〉ということが言われるが,その公地制すなわち土地私有の否認という原理は,経済的価値の最も高い水田において貫徹しており,ついで山川藪沢の一部すなわちとくに空閑地と表現される開墾可能な原野においてもなお維持されていた。したがって私有に近い権利を認められていた園地と宅地とは,むしろ例外的な取扱いを受けていたと見ることができよう。…

※「公地公民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公地公民の関連情報