コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六合新三郎(六郷新三郎) ろくごうしんざぶろう

1件 の用語解説(六合新三郎(六郷新三郎)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろくごうしんざぶろう【六合新三郎(六郷新三郎)】

長唄の囃子方。現在まで8世を数える。初世および6世は〈六合〉と記し,その他は〈六郷〉と記す。初世,4世,6世が著名。(1)初世 前名宇野長七,長斎と号する。生没年不詳。1713‐66年(正徳3‐明和3)までの芝居番付にその名を散見する。小鼓の名手で,作調(囃子の作曲)にも巧みであった。狐の変化(へんげ)などに使われる来序(らいじよ),あるいは深山,海浜の場面に打たれる〈谺(こだま)〉の手法は彼の作といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の六合新三郎(六郷新三郎)の言及

【宇野長七】より

…江戸中期の歌舞伎囃子方。小鼓の名手。生没年不詳。長斉と号する。1713‐66年(正徳3‐明和3),主に江戸市村座に出演。〈来序(らいじよ)〉〈谺(こだま)〉などという手を作る。隠退後,六郷新三郎を名のる。囃子方六合家の流祖。六郷新三郎【植田 隆之助】…

※「六合新三郎(六郷新三郎)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六合新三郎(六郷新三郎)の関連キーワード乱序杵屋六三郎死児の齢を数える隣の宝を数える鼻毛を数える囃子方脇鼓数える人の宝を数える

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone