コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六連島 むつれじま

6件 の用語解説(六連島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六連島
むつれじま

山口県西端,下関市に属し,その南西方海上に浮かぶ玄武岩の島。関門海峡の要地で,灯台,給油所などがある。雲母玄武岩は 1934年指定の国の天然記念物。南東端に六連島遺跡がある。下関市中心部の竹崎桟橋との間に定期船が就航。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むつれ‐じま【六連島】

山口県下関市南部、響灘(ひびきなだ)にある島。関門海峡の西口に位置し、航路の要所。雲母玄武岩があり、天然記念物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むつれじま【六連島】

山口県下関市に属し,竹崎港から北西へ約6kmの海上にある島。1日4往復の船便がある。面積0.7km2,人口202(1995)。《日本書紀》仲哀紀に見える〈没利(もつり)島〉にあたる。東岸に集落があり,平たんな台地上の畑地ではキャベツニンジンを特産する。関門海峡西口の航路上の要衝で,1871年(明治4)洋式灯台が設置され,検疫所,給油所がある。島の中央には雲母玄武岩(天)が分布する。南端には縄文~古墳時代複合遺跡があり,出土した製塩用とみられる特殊な土器は六連式土器とよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むつれじま【六連島】

山口県下関市の西方にある島。関門海峡の要地。天然記念物の雲母玄武岩を産する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕六連島(むつれじま)


山口県南西部、下関(しものせき)港の北西方約6kmの響灘(ひびきなだ)に浮かぶ島。面積0.7km2。下関市に属する。南西沖300mに北九州市に属する馬(うま)島(小六連島)がある。関門海峡に近い航路の要地で、門司(もじ)検疫所がある。花卉(かき)・野菜栽培と沿岸漁業が盛ん。国指定天然記念物の雲母玄武(うんもげんぶ)岩がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六連島
むつれじま

山口県南西部、関門海峡西口にある島。下関(しものせき)市に属する。面積0.69平方キロメートル。近世の豊浦(とようら)藩明細書(1861)によれば家数58軒、人数335人、船数54艘(そう)の半農半漁村で、幕末には台場が築かれた。台地状の島で、1871年(明治4)建設の六連島灯台や給油タンク群があり、海上交通の要所をなしている。冬キャベツと夏ニンジンの特産地。近年は花卉(かき)栽培が増えている。島中央の高所にある雲母玄武岩(うんもげんぶがん)は国の天然記念物。竹崎港から定期船便がある。人口114(2009)。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六連島の関連キーワード山口県下関市綾羅木山口県下関市有冨山口県下関市あるかぽーと山口県下関市小野山口県下関市唐戸町山口県下関市宝町山口県下関市竹崎町山口県下関市延行山口県下関市椋野山口県下関市吉田

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六連島の関連情報