共同地[中世ヨーロッパ](読み)きょうどうち[ちゅうせいヨーロッパ](英語表記)common

翻訳|common

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同地[中世ヨーロッパ]
きょうどうち[ちゅうせいヨーロッパ]
common

共同利用のための村落付属地。共有地とも訳される。牧草地,森林,沼沢荒蕪地を含み,その用益権持分農民保有地とともにフーフェ (農民の権利) を構成。近代初期以来,領主による共同地利用権への侵害がしばしば起り,ドイツ農民戦争の一因ともなった。 19世紀の農民解放期に分割され解体。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android