コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

典型調査 てんけいちょうさtypische Einzelbeobachtung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

典型調査
てんけいちょうさ
typische Einzelbeobachtung

有意抽出法のうちの典型法を用いて行われる標本調査の一種。調査主体が主観的に一定の条件を想定し,その条件に合う標本統計集団の構成単位のなかから抽出して調査を行う。この場合,抽出された標本が集団を真に代表しうるものだという客観的保証はない。また,無作為標本抽出法によったものと違い,調査結果についての標本誤差を確率論に基づいて明らかにすることはできないが,事例研究などにはよく用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

典型調査
てんけいちょうさ
typical survey

目的に合致していると想定される事例を選んで調べる社会調査手法。典型的、あるいは代表的な対象について観察やインタビューなどで深く研究する事例調査(ケース・スタディ)に用いられることが多い。アスベスト禍、老朽住宅、水俣病被害など対象が限られた場合に、その全体状況を洞察的に把握し、分析・比較する目的で用いられる。恣意(しい)的に特定対象を選ぶ有意抽出法をとるため、対象の選び方がどうしても調査企画者の主観に左右され、調査対象が対象全体を表しているという科学的根拠はない。したがって、典型調査は定量的調査ではなく、質的調査(定性的調査)の一つである。
 社会調査には典型調査のほかに、国勢調査のように調査対象をすべて調べる全数調査complete surveyと、対象から無作為にサンプルを抽出して全体を推定する標本調査sample surveyがある。全数調査は調査結果の誤差が小さく信頼性は高いが、調査のための時間、費用、労力などが膨大にかかる短所がある。標本調査は全数調査に比べ誤差が生じやすく、回収率が低いと信頼性が低下する欠点があるが、調査が容易で、時間や費用を節減できる利点があり、多くの経済統計が標本調査の手法をとっている。全数調査、標本調査とも統計的手法をとるので統計的社会調査とよばれる。これに対し典型調査は事例的社会調査である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android