コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山完造 ウチヤマカンゾウ

6件 の用語解説(内山完造の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちやま‐かんぞう〔‐クワンザウ〕【内山完造】

[1885~1959]書店経営者・日中友好運動家。岡山の生まれ。大正初期に上海で書店を開き、魯迅などの中国知識人と親交を結んだ。第二次大戦後は日中親善に尽力。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内山完造【うちやまかんぞう】

日中友好推進者。内山書店創設者。岡山県出身。高等小学校卒業後,各地の商家で奉公。牧野虎次郎牧師(のち同志社大学学長)の導きでキリスト教に入信,同師の紹介で1913年製薬会社販売員として中国へ渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内山完造 うちやま-かんぞう

1885-1959 大正-昭和時代の書店主,日中友好運動家。
明治18年1月11日生まれ。大正2年参天堂の大学目薬販売員として中国にわたる。6年上海で内山書店を開業。魯迅(ろじん),郭沫若(かく-まつじゃく)らとまじわり,革命運動を援助。昭和22年帰国。東京神田に内山書店を開業。25年日中友好協会理事長となり,日中関係の打開につくす。病気療養のためまねかれた北京で昭和34年9月20日死去。74歳。岡山県出身。自伝に「花甲録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うちやまかんぞう【内山完造】

1885‐1959(明治18‐昭和34)
内山書店の創設者。岡山県の農村に生まれ,12歳から大阪や京都の商家で奉公した。1912年,27歳のとき牧野虎次郎牧師(のち同志社大学学長)の導きでキリスト教に入信,同師の紹介で翌年,参天堂製薬の宣伝員として中国へ渡った。17年,上海で開いた書店は完造および夫人美喜子の誠実な人柄によって発展,のち東京にも中国書専門店を開いた。上海の店は,日本の中国侵略の進行しつつあった時代にもかかわらず,日中文化人の交流の場として著名になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うちやまかんぞう【内山完造】

1885~1959) 内山書店店主。岡山県生まれ。京都でキリスト教に入信。上海シヤンハイ・東京で書店を経営し、魯迅ろじんら中国文化人と交流。日中の友好に尽力した。著「花甲録」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内山完造
うちやまかんぞう
(1885―1959)

上海(シャンハイ)内山書店店主、日中友好運動の功労者。岡山県に生まれる。高等小学校中退後、大阪に出て丁稚(でっち)奉公、ついで京都の呉服店で10年間番頭として生活した。27歳のときキリスト教に入信。1913年(大正2)牧師の紹介で目薬会社に入り、出張員として中国に渡った。薬の宣伝に従事するかたわら、妻の美喜子とともに上海に書店を開いた。その後書店の経営に専念し、魯迅(ろじん/ルーシュン)をはじめ多くの中国の知識人と親交を結び、日中両国知識人交流の掛け橋となった。1947年(昭和22)帰国、1950年には日中友好協会理事長となり、日中友好運動に力を注いだ。1959年中国側の招きで病気療養のため訪中したが、北京(ペキン)で死去した。[北河賢三]
『内山完造著『花甲録』(1960・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内山完造の言及

【日中友好協会】より

…全称は日本中国友好協会。1950年10月に結成された(初代会長松本治一郎,同理事長内山完造)。日中国交正常化以前は中国との交流の窓口の一つとして,残留日本人の帰国問題などで大きな役割を果たしたが,66年,日中両国共産党の関係悪化にともなって分裂し,非日共系の人々は別に日中友好協会〈正統〉を結成した。…

※「内山完造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内山完造の関連キーワード池田清石田馨岩淵百合子川合渉小林勇塚越郁四郎藤井誠治郎堀口由巳宮川米次梁田貞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内山完造の関連情報