コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円鍔勝三 えんつば かつぞう

3件 の用語解説(円鍔勝三の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

円鍔勝三

彫刻家。明治38年(1905)広島県生。日美卒。沢田政広に師事する。芸術院賞文部大臣賞受賞。文化功労者。日展顧問。芸術院会員。多摩美大名誉教授文化勲章受章。神奈川県住。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円鍔勝三 えんつば-かつぞう

1905-2003 昭和-平成時代の彫刻家。
明治38年11月30日生まれ。石割秀光にまなぶ。昭和5年帝展に初入選。16年沢田政広らの正統木彫家協会の創立に参加。22年多摩造形芸術専門学校(現多摩美大)教授。詩情ゆたかな人物像がおおい。「旅情」で40年日展文部大臣賞,41年芸術院賞。45年芸術院会員。63年文化勲章。平成15年10月31日死去。97歳。広島県出身。日本美術学校卒。本名は勝二。作品に「砂浜」「しろうさぎ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円鍔勝三
えんつばかつぞう
(1905―2003)

彫刻家。本名勝二(かつじ)。広島県に生まれる。日本美術学校彫刻科在学中の1930年(昭和5)第11回帝展に『星陽』が初入選、32年日本美術学校卒業、沢田政広に師事した。39年第3回文展で特選受賞、51年(昭和26)以来日展審査員、65年の日展で文部大臣賞、66年日本芸術院賞を受賞、70年日本芸術院会員となった。木彫に明るい叙情性を盛り込み、82年には文化功労者に選ばれ、88年文化勲章を受章した。多摩美術大学名誉教授。長く多摩美術大学で後進を指導した。[三木多聞]
『『円鍔勝三彫刻集』(1983・実業之日本社) ▽円鍔勝三著『わが人生』(1989・時の美術社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円鍔勝三の関連キーワード江口週建畠覚造若林奮川崎普照柴田鋼造菅原安男瀬戸剛空充秋吉田鎮雄吉野毅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone