コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

准后 ジュゴウ

大辞林 第三版の解説

じゅごう【准后】

〔「准三后じゆさんごう」の略〕
平安時代以降、三宮(太皇太后・皇太后・皇后)に準ずる待遇で、年官・年爵が給せられた人。親王・法親王・摂政・女御・大臣などが対象となったが、のちには年官・年爵はなくなり、名目上の名誉称号的なものとなった。じゅんこう。

じゅんこう【准后】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

准后
じゅごう

准三宮」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

准后
じゅごう

太皇太后、皇太后、皇后の三后(さんこう)(三宮(さんぐう))に准ずる待遇を与えられた者の称。准三宮(じゅさんぐう)ともいう。初めは経済的な優遇を目的としたが、のちには名目的な称号にとどまった。871年(貞観13)清和(せいわ)天皇の外祖父藤原良房(よしふさ)を初例とし、皇族、女御(にょうご)、摂政(せっしょう)、関白、大臣らに与えられたが、その後、皇后や女院になる前段階として後宮の婦人に与える例が多くなり、廷臣も有名な北畠親房(きたばたけちかふさ)など数例を除けばほぼ摂関に限られた。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の准后の言及

【准三宮】より

…太皇太后,皇太后,皇后の三宮に准ずる待遇を与えられた人を准三宮,あるいは准后(じゆごう)という。871年(貞観13)太政大臣藤原良房が,多年の功績により,三宮に准じて年官を与えられたのが初例で,以後皇族,女御,摂政,関白,大臣などに准三宮を与えられた例が多い。…

※「准后」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

准后の関連キーワード青蓮院尊伝法親王藤原貞子(2)平棟子(2)満済准后日記淑子内親王青糸毛の車飛鳥井雅庸徳川家光紙背文書藤原経子足利義教土佐行広橋本義彦太皇太后豊楽門院藤原光国九条政基談天門院鷹司政通松平頼永

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

准后の関連情報