コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出光興産[株] いでみつこうさん

百科事典マイペディアの解説

出光興産[株]【いでみつこうさん】

代表的な民族資本石油元売会社。1911年出光佐三〔1885-1981〕が門司に石油販売業出光商会創業。出光商会は,1947年に1940年設立の子会社出光興産に合流。第2次大戦後徳山,千葉に製油所を建設。1953年には,石油国有化問題で英国と係争中であったイラン政府から大量に石油を買い付け,国際的な注目を浴びた(いわゆる〈日章丸事件〉)。2003年9月北海道製油所で十勝沖地震に伴う火災事故が発生,多大な被害を出した。本社東京。未上場企業で,資本金は長らく10億円に据え置かれていたが,2006年10月株式公開に踏み切り,東京証券取引所第一部に上場した。2011年資本金1086億円,2011年3月期売上高3兆6593億円。売上構成(%)は,石油製品81,石油化学製品14,石油開発2,石炭2,その他1。
→関連項目出光美術館民族資本

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いでみつこうさん【出光興産[株]】

日本有数の石油会社。非上場。1911年(明治44)6月,出光佐三(1885‐1981)が門司に個人商店の出光商会を興し,石油販売業を開始したことに始まる。出光佐三が1代で築き上げた民族系最大手の石油会社(民族資本)として,また〈人間尊重の事業経営〉など特異な社風で知られる。大正年間に入って下関を中心に始めた漁船向け燃料油の販売が成功し,中国,朝鮮,台湾に販路を拡大した。40年,出光商会の朝鮮,台湾,関東州,日本国内の営業資産を継承し,出光興産(株)を設立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

出光興産[株]の関連キーワード牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥(しんがい)革命

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android