自暴自棄(読み)ジボウジキ

デジタル大辞泉の解説

じぼう‐じき【自暴自棄】

[名・形動]《「孟子」離婁上の「自ら暴(そこな)う者は、ともに言(かた)ること有るべからず。自ら棄つる者は、ともに為すこと有るべからず」から》不満や失望などが原因で、やけになって自分の身を粗末に扱うこと。また、そのさま。「事業に失敗して自暴自棄に陥る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じぼうじき【自暴自棄】

〔孟子 離婁上
思うようにならないために自分を駄目なものと思い、将来を考えない行動をとること。やけ。 「 -に陥る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じぼう‐じき【自暴自棄】

〘名〙 (形動) (「孟子‐離婁・上」の「自暴者不与有一レ言也、自棄者不与有一レ為也」によることば) 物事が思いどおりにならないために、自分で自分の身を粗末に扱い、なげやりな行動をして将来の希望を捨てること。やけくそになること。また、そのさま。
※応永本論語抄(1420)陽貨第一七「下愚と云に二あり。自暴(ボウ)自棄也」
※随筆・年山打聞(1710‐13頃)上「続古今集に出て紫式部が歌なり。吟じ味ふに自暴自棄の戒と成ぬべし」 〔近思録‐為学〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自暴自棄の関連情報