コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自暴自棄 ジボウジキ

デジタル大辞泉の解説

じぼう‐じき【自暴自棄】

[名・形動]《「孟子」離婁上の「自ら暴(そこな)う者は、ともに言(かた)ること有るべからず。自ら棄つる者は、ともに為すこと有るべからず」から》不満や失望などが原因で、やけになって自分の身を粗末に扱うこと。また、そのさま。「事業に失敗して自暴自棄に陥る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じぼうじき【自暴自棄】

〔孟子 離婁上
思うようにならないために自分を駄目なものと思い、将来を考えない行動をとること。やけ。 「 -に陥る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自暴自棄の関連キーワードジャングル(シンクレアの小説)矢でも鉄砲でも持って来い小人窮すれば斯に濫すジャンヌ・ダルクデスペレートデスパレート東住吉事件破れかぶれクリスティわざくれ心豊臣秀次都井睦雄にんじんわざくれ奥野昌綱人臭い宦官将来捨鉢自棄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自暴自棄の関連情報