(読み)せつ

精選版 日本国語大辞典「刹」の解説

せつ【刹】

〘名〙
① 仏骨を納める仏塔。〔王巾‐頭陀寺碑〕
② 仏塔の中心となる柱。塔の心柱(しんばしら)。さつ。
※書紀(720)推古元年正月一六日(岩崎本室町時代訓)「仏の舎利を以て法興寺の刹(セツ)の柱(はしら)の礎(つみし)の中に置く」
③ 寺のこと。〔庾信‐奉州天水郡麦積崖仏龕銘序〕
④ 「せつど(刹土)」の略。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)八「神通のちからを具足し、ひろく智の方便を修して、十方のもろもろの国土に、刹(セツ)(〈注〉クニ)としてみを現ぜずといふことなし」 〔無量寿経‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「刹」の解説


さつ

仏教用語。 (1) lakṣatā 標幟しるし旗竿,あるいは塔の心柱をいう。寺院では仏堂の前に標幟として旗竿を立てる風があったので,寺刹刹,金刹,名刹などの語がある。 (2) 刹を「せつ」と読む場合は,サンスクリット語 kṣetraの音略。国,土の意。仏刹 (仏国土) などの語がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「刹」の解説

せつ【刹】

《〈梵〉yaṣṭi の音写。・旗竿の意》仏塔。寺院。仏堂の前に宝珠火炎形をつけた竿を立て寺の標幟ひょうじとしたところからいう。
《〈梵〉kṣetraの音写》国土。仏国土。

さつ【刹】[漢字項目]

常用漢字] [音]サツ(漢) セツ(慣)
寺。寺院。「古刹仏刹名刹
[難読]刹那せつな羅刹らせつ

せつ【刹/殺】[漢字項目]

〈刹〉⇒さつ
〈殺〉⇒さつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android