(読み)さつ

  • せつ
  • 刹/殺
  • 漢字項目

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。 (1) lakṣatā 標幟しるし旗竿,あるいはの心柱をいう。寺院では仏堂の前に標幟として旗竿を立てる風があったので,寺刹刹,金刹,名刹などの語がある。 (2) 刹を「せつ」と読む場合は,サンスクリット語 kṣetraの音略。国,土の意。仏刹 (仏国土) などの語がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

常用漢字] [音]サツ(漢) セツ(慣)
寺。寺院。「古刹仏刹名刹
[難読]刹那(せつな)羅刹(らせつ)
《〈梵〉yaṣṭi の音写。棒・旗竿の意》仏塔。寺院。仏堂の前に宝珠火炎形をつけた竿を立て寺の標幟(ひょうじ)としたところからいう。
《〈梵〉kṣetraの音写》国土。仏国土。
〈刹〉⇒さつ
〈殺〉⇒さつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

iv data-orgtag="meaning">〘名〙
① 仏骨を納める塔。仏塔。〔王巾‐頭陀寺碑〕
② 仏塔の中心となる柱。塔の心柱(しんばしら)。さつ。
※書紀(720)推古元年正月一六日(岩崎本室町時代訓)「仏の舎利を以て法興寺の刹(セツ)の柱(はしら)の礎(つみし)の中に置く」
③ 寺のこと。〔庾信‐奉州天水郡麦積崖仏龕銘序〕
④ 「せつど(刹土)」の略。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)八「神通のちからを具足し、ひろく智の方便を修して、十方のもろもろの国土に、刹(セツ)(〈注〉クニ)としてみを現ぜずといふことなし」 〔無量寿経‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android