コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さつ

仏教用語。 (1) lakṣatā 標幟しるしの意。旗竿,あるいは塔の心柱をいう。寺院では仏堂の前に標幟として旗竿を立てる風があったので,寺刹梵刹,金刹,名刹などの語がある。 (2) 刹を「せつ」と読む場合は,サンスクリット語 kṣetraの音略。国,土の意。仏刹 (仏国土) などの語がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さつ【刹】[漢字項目]

常用漢字] [音]サツ(漢) セツ(慣)
寺。寺院。「古刹仏刹名刹
[難読]刹那(せつな)羅刹(らせつ)

せつ【刹】

《〈梵〉yaṣṭi の音写。棒・旗竿の意》仏塔。寺院。仏堂の前に宝珠火炎形をつけた竿を立て寺の標幟(ひょうじ)としたところからいう。
《〈〉kṣetraの音写》国土。仏国土。

せつ【刹/殺】[漢字項目]

〈刹〉⇒さつ
〈殺〉⇒さつ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

刹の関連キーワード感恩寺址東西三層石塔周藤弥兵衛(3代)五山・十刹・諸山刹帝利・刹利クシャトリヤ本阿弥光徳五山・十刹本阿弥光刹言ふならく周藤弥兵衛浅草別院護峰宗行九品浄土関東十刹五山十刹海印寺臨川寺大中寺聖福寺清見寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刹の関連情報