コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 さつ

4件 の用語解説(刹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さつ

仏教用語。 (1) lakṣatā 標幟,しるしの意。旗竿,あるいは塔の心柱をいう。寺院では仏堂の前に標幟として旗竿を立てる風があったので,寺刹,梵刹,金刹,名刹などの語がある。 (2) 刹を「せつ」と読む場合は,サンスクリット語 kṣetraの音略。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さつ【刹】[漢字項目]

常用漢字] [音]サツ(漢) セツ(慣)
寺。寺院。「古刹仏刹名刹
[難読]刹那(せつな)羅刹(らせつ)

せつ【刹】

《〈梵〉yaṣṭi の音写。棒・旗竿の意》仏塔。寺院。仏堂の前に宝珠火炎形をつけた竿を立て寺の標幟(ひょうじ)としたところからいう。
《〈梵〉kṣetraの音写》国土。仏国土。

せつ【刹/殺】[漢字項目]

〈刹〉⇒さつ
〈殺〉⇒さつ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刹の関連キーワードエンベルパシャ正位LAK療法Aḥmad Jazzār PaşaĀshık PaşaLakṣmīŚrī-LakṣmīSāmān KhudāWāṣil b.‘Atā'標幟

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刹の関連情報