コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

削(鑿)岩機 さくがんき

百科事典マイペディアの解説

削(鑿)岩機【さくがんき】

鉱山,土木工事などで岩石に爆破用の穴をあける機械。打撃式,回転式,および両者を組み合わせた回転打撃式がある。打撃式は圧縮空気でピストンを前後に振動させ,先端に付けたビット(岩石に孔をうがつきり)で岩石を毎分1500〜2500回打撃するもので,水平掘進用のドリフター,小型でエアレッグで支持されるレッグハンマーなどがある。
→関連項目超硬合金トンネル発破

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android