コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

削(鑿)岩機 さくがんき

1件 の用語解説(削(鑿)岩機の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

削(鑿)岩機【さくがんき】

鉱山土木工事などで岩石に爆破用の穴をあける機械。打撃式,回転式,および両者を組み合わせた回転打撃式がある。打撃式は圧縮空気ピストンを前後に振動させ,先端に付けたビット(岩石に孔をうがつきり)で岩石を毎分1500〜2500回打撃するもので,水平掘進用のドリフター,小型でエアレッグで支持されるレッグハンマーなどがある。
→関連項目超硬合金トンネル発破

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

削(鑿)岩機の関連キーワード発破木工事落盤残土図面土木土木工事土工土木工事保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone