前駆(読み)ぜんく

精選版 日本国語大辞典「前駆」の解説

ぜん‐く【前駆】

〘名〙 (古くは「せんく」「せんぐ」「ぜんぐ」とも) 行列などの前方を騎馬で進み、先導すること。また、その人。さきのり。さきがけ。先駆。ぜんくう。
※九暦‐九暦抄・天暦三年(949)正月一一日「午終請客使侍従延光朝臣来、即参向、延光時時前駈、拝礼如常」
※随筆・貞丈雑記(1784頃)四「前駈(セング)と云は主君外之御出の時御こしより先へ参る先供の事也」 〔詩経‐衛風・伯兮〕
[語誌](1)読みは文献や時代によってセンク・セング・ゼンク・ゼング・センクウなどいろいろある。「前」字は漢音セン・呉音ゼン。「色葉字類抄」には「前」「駆」の両字に平声の単点があり、共に清音であったことが知られる。「元亀本運歩色葉集」には「先駆」と表記されているところから「セン」と清音で読まれたと考えられるが、「駆」には「グ」と濁音符号があり、連濁していたと見られる。
(2)「前駆」を行なう人には状況に応じて束帯・衣冠・布衣のそれぞれの場合があったようで、人数自体も一定ではない。路次の行列としては、下臈・上臈・主となる。「前駆」は古く「御前(ごぜん)」といい、後には馬に乗って前を行くものを「前駆」、主に近いものを「御前」と言い分けたとされるが、はっきりしない。

ぜん‐くう【前駆】

〘名〙 (「せんくう」「せんぐう」とも) 「ぜんく(前駆)」の変化した語。
※能因本枕(10C終)一二六「小さき馬に乗りて、せんくうしたる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「前駆」の解説

ぜん‐く【前駆】

[名](スル)
《古くは「せんぐ」「ぜんぐ」とも》行列などの前方を騎馬で進み、先導すること。また、その人。さきのり。さきばらい。先駆。
「あのかたのお召車らしいのが…―させながらお近づきになって」〈堀辰雄・かげろふの日記〉
物事の起こる前ぶれ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android