コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前駆 ゼンク

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐く【前駆】

[名](スル)
《古くは「せんぐ」「ぜんぐ」とも》行列などの前方を騎馬で進み、先導すること。また、その人。さきのり。さきばらい。先駆。
「あのかたのお召車らしいのが…―させながらお近づきになって」〈堀辰雄・かげろふの日記〉
物事の起こる前ぶれ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんく【前駆】

( 名 ) スル
〔古くは「せんぐ」「ぜんぐ」とも〕
馬に乗って、行列などを先導すること。また、その人。さきのり。さきがけ。先駆。 「騎馬で-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

前駆の関連キーワードプロカルボキシペプチダーゼアンプリファイアーT細胞キモトリプシノーゲンアンドロステンジオンプレプロインスリンプロテインキナーゼウロクロモーゲンプレビタミンD3プラスミノーゲンツィルケルの分類プロエラスターゼトリプシノーゲンサイログロブリンプロゴイトリンプロコラーゲンポルフィリン症プロトロンビン飾り車・餝り車ペプシノーゲン糖原性アミノ酸

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前駆の関連情報