コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加悦 かや

3件 の用語解説(加悦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加悦
かや

京都府北西部,与謝野町南部の旧町域。野田川上流域の加悦谷にある。 1889年町制施行。 1954年桑飼村,与謝村と合体。 2006年岩滝町,野田川町と合体して与謝野町となった。丹後縮緬の機業地として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かや【加悦】

京都府北西部、与謝野町の地名。大江山の北西麓にあり、丹後縮緬の産地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加悦
かや

京都府北西部、与謝(よさ)郡にあった旧町名(加悦町(ちょう))。現在は与謝郡与謝野(よさの)町の中・南部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)加悦町は桑飼(くわがい)、与謝の2村と合併。2006年(平成18)岩滝(いわたき)、野田川(のだがわ)の2町と合併し、与謝野町となる。南東には大江山(832メートル)がそびえ、地域の中央を阿蘇(あそ)海に注ぐ野田川が北流し、流域には加悦谷の平地が開ける。国道176号が通じ、旧野田川町の京都丹後鉄道宮豊線与謝野駅とJR山陰本線福知山駅からバス便がある。全般に山がちで、冬は積雪も多く、農業は振るわないが、古くから農家の副業として機業が盛んで京丹後(きょうたんご)市とともに丹後縮緬(ちりめん)の主産地をなしている。国指定史跡に前方後円墳の作山(つくりやま)古墳および蛭子山(えびすやま)古墳がある。施薬寺(せやくじ)は与謝蕪村(よさぶそん)ゆかりの寺で蕪村の描いた屏風(びょうぶ)1双を蔵する。[織田武雄]
『『加悦町誌』(1974・加悦町) ▽『加悦町20世紀の記憶』(2001・加悦町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加悦の関連キーワード京都府与謝郡与謝野町温江京都府与謝郡与謝野町岩屋京都府与謝郡与謝野町後野京都府与謝郡与謝野町香河京都府与謝郡与謝野町金屋加悦〈町〉京都府与謝郡与謝野町滝野田川〈町〉京都府与謝郡与謝野町与謝京都府与謝郡

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加悦の関連情報