コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加悦 かや

3件 の用語解説(加悦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加悦
かや

京都府北西部,与謝野町南部の旧町域。野田川上流域の加悦谷にある。 1889年町制施行。 1954年桑飼村,与謝村と合体。 2006年岩滝町,野田川町と合体して与謝野町となった。丹後縮緬の機業地として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加悦
かや

京都府北西部、与謝(よさ)郡にあった旧町名(加悦町(ちょう))。現在は与謝郡与謝野(よさの)町の中・南部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)加悦町は桑飼(くわがい)、与謝の2村と合併。2006年(平成18)岩滝(いわたき)、野田川(のだがわ)の2町と合併し、与謝野町となる。南東には大江山(832メートル)がそびえ、地域の中央を阿蘇(あそ)海に注ぐ野田川が北流し、流域には加悦谷の平地が開ける。国道176号が通じ、旧野田川町の京都丹後鉄道宮豊線与謝野駅とJR山陰本線福知山駅からバス便がある。全般に山がちで、冬は積雪も多く、農業は振るわないが、古くから農家の副業として機業が盛んで京丹後(きょうたんご)市とともに丹後縮緬(ちりめん)の主産地をなしている。国指定史跡に前方後円墳の作山(つくりやま)古墳および蛭子山(えびすやま)古墳がある。施薬寺(せやくじ)は与謝蕪村(よさぶそん)ゆかりの寺で蕪村の描いた屏風(びょうぶ)1双を蔵する。[織田武雄]
『『加悦町誌』(1974・加悦町) ▽『加悦町20世紀の記憶』(2001・加悦町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加悦の関連情報